消費税増税を間近に控えた今 陸マイラーが発行しておくべきクレジットカード2枚!

さあ、残すところ後半月で消費税が10%に増税されます。

世の中が「増税前にあれやこれや買わないと!」という動きを見せる中、静観して増税を待つ者たちがいます。

 

そう、彼らこそは「陸マイラー」

増税時に開催される消費者還元事業キャンペーンに狙いを定め、今はただただ耐えしのぶ。

その狙いはマイル2%還元超え!

 

はい、というわけで今回ご紹介するクレジットカードは消費者還元事業キャンペーンに合わせて、ANAマイルを貯める陸マイラーが持っておくべきクレジットカードです。

 

では張り切っていってみましょう!

 

※本内容はカード会社のキャンペーン仕様変更により、適用されなくなる可能性もあるため、あくまで目安としてお考え下さい。

※本記事記載の還元率は全て通常の還元率にプラスして消費者還元事業の還元を受けることができる前提で記載しています。

 

JQエポスゴールドカード

JQエポスゴールド

 

年会費(税込) 家族カード(税込) ETC(税抜)
無料 無料※ 無料
国際ブランド ポイント名 還元率
VISA JRキューポ 0.5%

※ エポスファミリーゴールドカードを年会費無料で作成可能(審査あり)

 

  • 消費者還元事業2%還元対象店舗での支払いで、2.025%ANAマイル還元
  • 消費者還元事業2%還元対象店舗での支払いで、4.455%ANAマイル還元

 

(2019/10/02)問い合わせたところ、「JQエポス」および「JQエポスゴールド」も消費者還元事業対象カードとのことでした。還元はJRキューポで行われる予定とのことです。

 

まず、1枚目のご紹介はJQエポスゴールドカード!

このカードで決済すると、支払額の0.5%のJRキューポが還元されます。

今回はそこに消費者還元事業キャンペーンで支払い額の2 or 5%のエポスポイントが追加で還元されるので、合計還元額は2.5% or 5.5%還元になります。

※1エポスポイント = 1JRキューポに交換可能

 

JRキューポは下記の図のように、1JRキューポ=0.81ANAマイルに交換可能なので、

最大ANAマイル還元率は4.455%となるわけですね。

JRキューポからANAマイルへの交換

※Gポイント→LINEポイントの交換手数料0.05%について、返却手続き実施を前提としています

 

JQエポスゴールドには、1年間の決済が100万円以上になると追加で10,000エポスポイントがもらえるというサービスや、対象店舗での支払いで還元率が3倍(0.5%還元の3倍で1.5%還元)となるサービスもあるため、これらをうまく組み合わせることができれば、さらに多くのANAマイルをためることが可能です。

 

ちなみに、カードの切り替えで貯まったエポスポイントが失われることはないため、今はエポスカードやエポスゴールドで貯めておいて、後ほどゆっくりJQエポスやJQエポスゴールドへ切り替えるということも可能です。

 

現時点でJQエポスゴールドを所持していない場合は、この期間中にエポスカードを作成して、ゴールドカードのインビテーションを目指すといいかと思います!

 

 

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

 

年会費(税抜) 家族カード(税抜) ETC(税抜)
無料 無料 無料
国際ブランド ポイント名 還元率
MasterCard、JCB オリコポイント 1.0%

 

  • 消費者還元事業2%還元対象店舗での支払いで、2.43%ANAマイル還元
  • 消費者還元事業2%還元対象店舗での支払いで、4.86%ANAマイル還元

 

2枚目のご紹介はOrico Card THE POINT!

このカードで決済すると、支払額の1.0%のオリコポイントが還元されます。

今回はそこに消費者還元事業キャンペーンで支払い額の2 or 5%のエポスポイントが追加で還元されるので、合計還元額は3.0% or 6.0%還元になります。

 

1オリコポイントは下記の図のように、1オリコポイント=0.81ANAマイルに交換可能なので、

最大ANAマイル還元率は4.86%となるわけですね。

TポイントをANAマイルに交換

※Gポイント→LINEポイントの交換手数料0.05%について、返却手続き実施を前提としています

 

さらにこのカードの特徴として、入会後6カ月はポイント還元率が2%になるというキャンペーンも開催されています!

上記キャンペーン中であれば、最高還元率7.0%オリコポイントとなるため、ANAマイル還元率は驚異の5.67%ANAマイルとなります!

 

Orico Card THE POINTを未発行のi陸マイラーの方であれば、この期に発行してみてはいかがでしょうか?

 

 

他にもポイントで還元してくれるクレジットカードとしては、東急カード、DCカード、ポケットカードやアプラスさん等様々選択肢が用意されているので、ご自身のスタイルに合った戦略を立ててみてください!

消費者還元事業キャンペーンで還元されるポイントについては、こちらでまとめているので、ご興味があれば合わせて確認してみてください。

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめ!

 

以上、消費税増税を間近に控えた今 陸マイラーが発行しておくべきクレジットカード2枚の紹介でした。

 

そもそも消費者還元事業って何?という方はこちらをご確認ください!

2019年10月予定の消費税10%への増税に伴い、5% or 2%をポイントやキャッシュバックで消費者に還元!?

Follow me!