増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめ!

いよいよ増税目前。

ということは、増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)の開始も目前です!

 

増税に合わせ、消費者へのポイント還元を行う本施策については。ポイ活・陸マイラーにとっては聞き逃すことはできない大イベントですよね。

 

さて、ここで気になるのは還元されるポイントについてです。

ポイントポイントとひとことで言っても、種類は多種多様です。

 

還元されるポイントの種類はキャッシュバック?期間限定ポイント?通常ポイント?

色々疑問は尽きないと思います。

 

そこで、この記事では各社還元のポイントについてまとめていきたいと思います!

 

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)とは?

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)イメージ

 

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

引用:キャッシュレス消費者還元事業

 

我々消費者にとっては、対象店舗で対象となるキャッシュレス手段で決済をすると、支払額の2% or 5%がポイントで還元されるうまみのある制度です。

 

増税は8%から10%への増加なので、税率の上がり幅は2%ですが、還元は最大で5%です。

つまり、制度をうまく利用すれば、増税後の方が3%安く買い物ができる場合もあるということです!

 

このあたりの詳細については、別記事でまとめているのでご参考に!

2019年10月予定の消費税10%への増税に伴い、5% or 2%をポイントやキャッシュバックで消費者に還元!?

 

還元されるポイントについて

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)で還元されるポイントについては、決済事業者について多少のばらつきがあるようです。

 

カード会社については、カード1枚あたりの月間還元上限を15,000円(30万円までの買い物が還元対象)に設定する見込みのようです。

例えば、三井住友カードが発行するVISAカードを2枚持っている場合は、2枚それぞれで15,000円の還元が受けられるので、月に最大60万円の決済まで還元を受けることができます。

 

電子マネーは各社個別のチャージ限度額を1日の還元上限にする動きがあるみたいですね。

 

さて、では気になる還元方法について見ていきたいと思います!

各社毎に表形式にまとめています。

 

決済事業者 還元方法 ポイント
三井住友カード 請求額から減算
JCB ポイント還元 制度専用ポイント
三井住友トラストクラブ 請求額から減算
楽天ペイメント ポイント還元 楽天スーパーポイント
(期間限定かどうかは不明)
三菱UFJニコス 準備中 準備中
クレディセゾン 準備中 準備中
セディナ 準備中 準備中

 

ぱっと見た感じだと、陸マイラー的には微妙な感じですね、、

マイル5%還元とか期待していましたが、やはりそううまくはいかないようですね。笑

 

還元されるポイントの種類によっては、マイルへの交換まで持っていけるものもあるかもしれないので、引き続きウォッチを続けていきたいと思います。

 

以上、増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめでした。

Follow me!