増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめ!

いよいよ増税目前。

ということは、増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)の開始も目前です!

 

増税に合わせ、消費者へのポイント還元を行う本施策については。ポイ活・陸マイラーにとっては聞き逃すことはできない大イベントですよね。

 

さて、ここで気になるのは還元されるポイントについてです。

ポイントポイントとひとことで言っても、種類は多種多様です。

 

還元されるポイントの種類はキャッシュバック?期間限定ポイント?通常ポイント?

色々疑問は尽きないと思います。

 

そこで、この記事では各社還元のポイントについてまとめていきたいと思います!

 

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)とは?

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)イメージ

 

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

引用:キャッシュレス消費者還元事業

 

我々消費者にとっては、対象店舗で対象となるキャッシュレス手段で決済をすると、支払額の2% or 5%がポイントで還元されるうまみのある制度です。

 

増税は8%から10%への増加なので、税率の上がり幅は2%ですが、還元は最大で5%です。

つまり、制度をうまく利用すれば、増税後の方が3%安く買い物ができる場合もあるということです!

 

このあたりの詳細については、別記事でまとめているのでご参考に!

2019年10月予定の消費税10%への増税に伴い、5% or 2%をポイントやキャッシュバックで消費者に還元!?

 

還元されるポイントについて

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)で還元されるポイントについては、決済事業者について多少のばらつきがあるようです。

 

カード会社については、カード1枚あたりの月間還元上限を15,000円(30万円までの買い物が還元対象)に設定する見込みのようです。

例えば、三井住友カードが発行するVISAカードを2枚持っている場合は、2枚それぞれで15,000円の還元が受けられるので、月に最大60万円の決済まで還元を受けることができます。

 

電子マネーは各社個別のチャージ限度額を1日の還元上限にする動きがあるみたいですね。

 

さて、では気になる還元方法について見ていきたいと思います!

各社毎に表形式にまとめています。

 

決済事業者 決裁方法 還元方法 ポイント
三井住友カード クレジットカード 請求額から減算
  デビットカード 口座に返金
  プリペイドカード 残高に加算
JCB クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
  デビットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
  プリペイドカード 残高に加算(バリュー)
三井住友トラストクラブ クレジットカード 請求額から減算
楽天ペイメント 楽天ペイ ポイント還元 楽天スーパーポイント
(期間限定かどうかは不明)
楽天Edy 楽天Edy 残高に加算
楽天カード 楽天カード ポイント還元 楽天スーパーポイント
(期間限定かどうかは不明)
楽天銀行 楽天デビットカード 口座に返金
三菱UFJニコス MUFGカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
  DCカード ポイント還元 DCハッピープレゼント
  NICOSカード ポイント還元 わいわいプレゼント
ゴールドポイントプログラム
  MUFGアメックス ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
  JAカード ポイント還元 JAカードわいわいプレゼント
JAカードゴールドポイントプログラム
アメリカン・エキスプレス クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
JR東日本 Suica ポイント還元 JRE POINT?
西日本旅客鉄道 ICOCA ポイント還元 ICOCAポイント
スルッとKANSAI PitaPa ポイント還元 ショップdeポイント
エムアイシー manaca ポイント還元 ミュースターポイント
クレディセゾン クレジットカード 請求額から減算
セディナ クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算)
  プリペイドカード 残高に加算
UCカード クレジットカード 請求額から減算
オリコカード 暮らスマイル還元カード ポイント還元 オリコポイント
  オリコポイント還元カード ポイント還元 オリコポイント
  独自ポイント還元カード ポイント還元 提携先独自ポイント
  プリペイドカード 残高に加算
ポケットカード ファミマTカード
Tカードプラス
ポイント還元 Tポイント(特別ポイント)
  その他カード 請求額から減算
東急カード クレジットカード ポイント還元 TOKYU POINT
九州カード クレジットカード 請求額から減算
  デビットカード 口座に返金
エポスカード クレジットカード ポイント還元 エポスポイント
  プリペイドカード ポイント還元 エポスポイント
ライフカード クレジットカード 請求額から減算
JACCS クレジットカード 請求額から減算(Jデポ)
エムアイカード エムアイカード ポイント還元 エムアイポイント
  VIOROカード ポイント還元 VIOROポイント
  鹿島神宮カード 請求額から減算
イオンカード クレジットカード 請求額から減算
  デビットカード 口座に返金
  WAON 残高に加算
KDDI クレジットカード ポイント還元 WALLET ポイント
アプラス Tカードプラス ポイント還元 Tポイント
  Tカードプラス以外のカード 請求額から減算
  プリペイドカード 残高に加算
Origami Origami Pay 決済時割引
LINE LINE Pay ポイント還元 LINE Payボーナス

 

結構出そろいましたね!

最初は制度還元ポイントや請求額減算ばかりで悲しい感じでしたが、ちらほらポイントでの還元も発表されてうれしい限りです。

 

ANAマイルを集めている とーみね としては、ねらい目は、「オリコカード」「東急カード」「エポスポイント」でしょうか。

オリコポイントなら、Tポイント経由で1ポイント=0.81ANAマイルに移行可能です。

TOKYUポイントも1ポイント=0.75ANAマイル換算なのでおいしいですねぇ!

 

そして何よりも注目はエポスポイントでしょうか!

1ポイント=0.81ANAマイル移行可能※なところは、オリコポイントと同じですが、エポスゴールドなら100万決済で10,000ポイントボーナスまでありますからね!

これはもうファミリーゴールドを駆使して、一族全員でエポスカードを使い倒すレベルです。笑

※エポス→JRキューポ→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル

 

エポスカードやオリコカードは初心者おすすめカードとして紹介しているので、詳細はこちらからどうぞ!

(このページに興味津々な方は初心者じゃない気がしますが)

クレジットカード初心者におすすめする厳選4枚!年会費無料でお得なカードを一挙公開!

 

さらにお得なカードが見つかる可能性もあるため、念のために引き続きウォッチを続けていきたいと思います。

 

以上、増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめでした。

Follow me!