2019年10月予定の消費税10%引き上げに伴い、増税分の5% or 2%をポイントで還元!?

消費税増税を控えている昨今、とんでもない情報が飛び込んできたため共有したいと思います。

 

消費税が2%上がる見込みなのですが、その5% or 2%をポイントで還元する施策が打ち出される可能性が高まりました!

増税で苦しむ一般消費者にとっては、まさに渡りに船な施策ですね!

 

国からすると増税時の不満軽減とキャッシュレス促進の2重効果でほくほくでしょう。

対応するイシュア(カード会社)がうれしいかどうかは怪しいもんですが、、

 

では、順を追って簡単に説明していきます。

 

2019年10月より消費税が増額

税金イメージ絵

現在、2019年10月より消費税の増額が予定されています。

なんと現在の8%から10%に引き上げられる見込みです。

※食料品は8%据え置きとなります

 

と、ここまではニュースでもよく放送されているので、皆さんご存知ですかね?

 

実はこの消費税増額に合わせて、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を使った消費者に対し、購入額の5% or 2%分をポイントで還元する施策が検討されているとの情報が打ち出されました!

 

ポイント還元となる対象は、クレジットカード、電子マネー、コード決済(QRコード決済、バーコード決済等)が対象となる見込みです。

※国内で一般的に使用されていない支付宝(アリペイ)などは還元の対象外とする方針があるようです

 

期間限定の施策のようで、2019年10月から9カ月間で検討されているとか。

 

また、還元率については、対象店舗の区分により決定する見込みです。

中小小売、飲食、宿泊など 5%還元
コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど
大手系列のチェーン店
2%還元
百貨店など大企業や病院、住宅など一部の除外業種 還元なし

出典:中日新聞

 

どのお店が5%還元で、どのお店が2%還元か判断が難しくなりそうですね、、

カード会社はもちろんですが、一般会社も混乱しそうな内訳です、、

 

ちなみに今回の消費税増額対象とならない食料品などもポイント還元の対象となるようです!

まあ、このあたりは当然ですかね。

そんな細かい仕分けを1年で対応するのは難しいでしょうし、、

 

ポイント還元対象事業者

2019/1/11現在、増税によるポイント還元の対象となる決済事業者が14社内定しているようです。

 

カード会社 種別 加盟店数
三菱UFJニコス クレジットカード 200万超
三井住友カード  クレジットカード 75万程度
UCカード  クレジットカード 150万程度
JCB  クレジットカード 200万超
WAON 電子マネー 40万程度
nanaco 電子マネー 35万程度
Suica 電子マネー 43万程度
楽天Edy 電子マネー 60万程度
楽天 汎用サービス 120万程度
Origami Pay コード決済 2万程度
LINE Pay コード決済 10万超
PayPay コード決済
Coiney 決済代行 5万程度
Square 決済代行 25万程度

出典:ポイント還元、決済14社が内定=JCBや楽天、ペイペイも-経産省:時事ドットコム

 

皆さんのお気に入りの決済手段は内定してましたでしょうか?

今後もどんどん増えていくと思いますので、まだまだ目が離せませんね!

(エポスカード頑張ってほしいです!)

 

ポイント還元除外品目

気にされている方も多いと思いますが、ポイント還元には除外品目も設けらえるようです。

例えば、金券の購入で5%還元を受けれた場合、金券を金券ショップに売り飛ばして現金化すれば、永遠にポイントだけを稼ぐことができます。

政府側もこの点に懸念し、換金性の高い品目についてはポイント還元を除外とするようです。

 

また、住宅や自動車といった「特別な支援」を受けることができる商品や、消費税が元々付加されていない非課税商品についてもポイント還元除外品目になる見込みです。

 

以下、現在除外品目になる見込みの一覧です。

ポイント還元除外品目名 区分
商品券 換金性の高い商品
切手 換金性の高い商品
印紙 換金性の高い商品
プリペイドカード 換金性の高い商品
投信 換金性の高い商品
株式 換金性の高い商品
債券 換金性の高い商品
外国為替 換金性の高い商品
別途支援あり
住宅 別途支援あり
病院 非課税
薬局 非課税
介護サービス 非課税
学校(授業料、入学金、受験料等々) 非課税

出典:日本経済新聞

 

進むキャッシュレス化への対応

決済風景

国からこんな施策が打ち出されるということは、ついに日本も本腰を入れてキャッシュレス化を進めていくのかもしれないです。

お店側と消費者側でそれぞれ事前準備をしておきましょう!

 

お店側対応

今回の消費税引き上げでは、食料品は8%のまま据え置きとなります。

ここで問題が発生します。

スーパーのような多数の商品を取り扱うお店では、食料品とそれ以外の商品を同時に取り扱うため、複数税率の設定に対応したPOS端末が必要となります。

 

また、購入額の2%分をポイントで還元といった施策が打たれるということは、キャッシュレス決済に対応していない場合顧客離れが懸念されます。

誰もお得じゃないお店を好き好んで使ったりしないですからねぇ、、

 

Squareの導入

今時最新POSも高いので、タブレットやスマホにくっつけるだけの簡単POSはいかがでしょうか?

入金も最短翌営業日に行われるのでほぼ現金感覚ですし、複数税率にも対応しています!

主要6ブランドのカード決済にも対応しているので、キャッシュレスの波にも乗り切れると思います。

 

弱点としては、電子マネーに対応していないところでしょうか。

Suica等の交通系電子マネーに対応しているとベストなんですがね、、


 

提供会社 Square, Inc.
初期費用 無料※
月額費用 無料
決済手数料 3.25%~
対応電子マネー 未対応
対応クレジットカード VISA、Mastercard、JCB、Amex、Dinners、Discover
入金 最短翌日

※2018年10月時点

 

AirPAYの導入

こちらもタブレットタイプのPOSですね。

Squareとは打って変わって、かんり広範囲の電子マネーに対応しており、文字通りこれ1台で大丈夫な感じですね。

ALIPAY、WeChatPayの対応が可能なので、中国からのお客さんをターゲットにする場合はかなり効果てきめんですね!

ちなみにQUICPayや交通系電子マネーにも対応しているので、実はGoogle Payでの支払いにも対応できています。

 

反面、取り扱う決済が多様化するので、複雑になるという弱点もあります。

また、入金サイクルもSquareと比較すると遅いといえます。

このあたりは、ターゲットの客層と好みですかね。

 

 

提供会社 株式会社リクルートライフスタイル
初期費用 無料※
月額費用 無料
決済手数料 3.24%~
対応電子マネー 交通系電子マネー(Suica等)、ID、Apple Pay、QUICPay、LINE Pay、ALIPAY、WeChatPay、d払い、AirPAY QR
対応クレジットカード VISA、Mastercard、JCB、Amex、Dinners、Discover
入金 月6回(銀行によっては月3回)のタイミング

※2018年10月時点

 

コード決済の導入

個人的には、楽天ペイLINE PayOrigami PayPayPay対応も合わせて検討いただけるとありがたいです、、

バーコードやQRコードをピッとするだけのあれです!

 

コード決済は注目されているので、今後需要拡大もあると思いますしね!

LINE Payなんかは最長3年間決済手数料0%なるキャンペーンも行われています。

 

消費者側対応

逆に、消費者側はお店ほどは切迫していません。

2019年10がつまでにキャッシュレス決済手段を用意しておきましょう!

せっかく2%還元の施策が打たれても、キャッシュレス決済手段がなければ意味がないですからねぇ、、

 

年会費無料のお勧めカード

まだポイント還元の対象となる決済事業者は決定していませんが、備えておくに越したことはありません。

クレジットカードは瞬時に発行できないですからね。

 

とーみねも保持しているお勧めのカードをいくつか掲載しておきます!

 

 

エポスカード

申込時に紹介コード入力で+1,000エポスポイントGET!
ご紹介番号:18070163745

 

すぐにクレジットカードを申込

ポイントサイトを経由して申込

 

 

 

 

他にも、とーみねおすすめのクレジットカードを紹介していますので、是非見てみてください。

とーみねはマイラーですが、マイルに興味がない人でも十分お得な内容となっています。

【2018年度版】陸マイラーとーみねがおすすめするお得なクレジットカード!マイルもポイントもザクザク!

 

クレジットカードを使いたくない方

クレジットカードはちょっと、、という方はKyashなんかもおすすめです!

プリペイド式のカードなんですが、購入額の2%がキャッシュバックされる今話題のカードです!

Kyashリアルカードなら2%キャッシュバック!?メリット、デメリットを徹底解説!

 

プリペイドカードもちょっと、、という方にはコード決済アプリのインストールをお勧めします。

カードの発行なしでキャッシュレス体験が可能ですよ!

コード決済戦国時代到来!「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天ペイ」「PayPay」をランキング比較!

 

 

 

以上、消費税増税に伴うポイント還元についての考察でした!

この施策が実現するかどうか、とーみねが考察した記事についてはこちらからどうぞ。

消費税10%増税対策の2%ポイント還元はどうなる?実現可能性を徹底考察!

 

キャッシュレスがいかにすばらしいかまとめた記事もあるので、よければ合わせてどうぞ!

現金派よりもキャッシュレス派の方が2.7倍お金がたまる!?その理由とは?

Follow me!