こんにちは、ほったらかし投資が大好きなとーみねです。

 

ほったらかしっていいですよね?

一昔前は銀行にお金を預けているだけで、お金が増えるような夢のような時代がありました。

でも今は違います!

銀行の定期預金にお金を預けているだけでは、お金は増えません。

そんなハードモードなこの時代でもなんとか楽をしてお金を増やしたいものです。

 

その答えが投資です!

リスクを負わずにお金が増える時代は終わりました。

皆さん多少のリスクをとっても投資するべきです。

 

ただ、、リスクの上に時間までかけて投資なんてしてられませんよね?

そこでほったらかし投資です!

リスクは多少とっても、時間は取られたくありません!

 

今回はほったらかし投資の中でも王道中の王道のNISAについてお伝えします。

 

もっとリスクをとれるという方は、ロボアドもお勧めです!

ロボアドを利用したほったらかし投資「WealthNavi」「楽ラップ」を徹底解説!

 

 

NISAとは?

まず、NISAとは何か?

 

NISAとは「Nippon Individual Saving Account」の略称です。

少額投資非課税制度ともいいます。

 

少額投資非課税制度の方が直観的に内容が分かりやすいですね。

簡単に説明すると、世の中にはNISAが適用される口座(NISA口座)というものがあり、条件を満たしている人であれば一人につき一つこの口座を開設できます

この非課税口座において、株や投資信託といった取引を行った場合、取引で得た利益が非課税となります

※正確には譲渡所得と配当所得が制度にしたがって非課税となります。

 

どうでしょうか?すでにお得な感じがしませんか?

このお得なNISA口座は、証券会社、銀行、郵便局等で開設可能です!

 

ここまででNISAとは何かが分かってもらえたと思うので、次はNISAの種類について説明したいと思います。

 

NISAの種類

大きく分けて2種類のNISAが存在します。

  • NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

 


※野村アセットマネジメントNISAページより抜粋

 

NISAとジュニアNISAでは国内・海外株式と投資信託が購入可能で、つみたてNISAは投資信託が購入可能です。

 

私としては、この3種類について下記のように考えています。

  • 短期間で成果を出したいかつ、年に40万円以上投資する金銭的余裕のある方はNISA
  • 長期間で成果が出したいかつ、年40万円以下なら無理なく投資資金が用意できる方はつみたてNISA
  • 19才未満の方はジュニアNISA
    ※ただし、親が代理で資産運用する必要があります

 

この中で私はつみたてNISAを選択しています!

ほったらしてゆるく始めたい方には最適かと思います。

 

さて、始めたいNISAの種類が決まれば、続いてどこでNISA口座を開設するか決めましょう!

 

NISA口座はどこで開設するのがよいか?

実はどこでNISA口座を開設するかは結構重要だったりします。

 

口座の特性自体はどこで開設しても大差ありません。

違いは株等の売買手数料取り扱い商品の数です。

できるだけ売買手数料が安く、多くの証券を取り扱っているところでNISA口座を開設することにしましょう!

 

私のおすすめは下記です。

  • 楽天証券
  • SBI証券

 

楽天証券

NISA口座内の取引手数料は無料です。

また、つみたてNISAで購入できる投資信託の数はなんと132件です!
※2018/06/10調べ

 

SBI証券

NISA口座内の取引手数料は無料です。

また、つみたてNISAで購入できる投資信託の数はなんと136件です!
※2018/06/10調べ

 

tsumiki証券

NISA口座内の取引手数料は無料です。

つみたてNISAで購入できる投資信託の数は4件と少ないですが、なんとエポスカードの決済で積み立てができるというすぐれものです!

エポスカードを持っている方は是非検討してみてください。

 

とーみねもNISAではないですが、毎月2万円ずつ細々と積み立てています!

 

 

ちなみに、とーみねはというと楽天証券でNISA口座を開設しました。

楽天ブラックカードの招待には、楽天のサービスをどれだけ使っているかも判断材料になっているといううわさもあるので、念のために、、、

 

楽天ブラックカードについてはこちら

【2018年度版】陸マイラーとーみねがおすすめするお得なクレジットカード!マイルもポイントもザクザク!

 

 

こちらにはとーみねの涙ぐましい努力を記載しています。

全5大ブランドのブラックカード・プラチナカードとは?高ステータスカードの魅力にせまる!

 

話がそれましたね。。

口座を開設したら、いよいよ次は商品購入です!

 

商品購入

さて商品購入ですが、私はつみたてNISAを選んだので、当然投資信託の購入一択でした。

というか他に選択肢がありません。笑

 

楽天証券では、自分で投資信託を選ぶ他にパッケージとして投資信託を購入する方法があります。

 

パッケージには、3種類あり、「堅実」「積極」「バランス」の3タイプから選択できます。

また、選択したパッケージに自分独自のアレンジを加えることができます。

 

私は積極パッケージにアレンジを加えて下記のようにしました!

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

 

 

皆さんも自分にあった商品選びをしてみてください。

 

最後に気になる運用実績を、、、

 

運用実績

さて、私は2018年2月につみたてNISAを始めましたが、今の運用実績はこんな感じでした。


※2018/06/10時点

 

4カ月で3,321円プラスですね。

ほったらかして3,000円増えたと考えればまずまずでしょうか?

 

 

月次成果報告

こちらに月次の成果報告を掲載していきます!

 

【2018年10月】つみたてNISA成果報告!tsumiki証券での積み立て開始も株安連鎖で前途多難!?

 

【2018年9月】つみたてNISA成果報告

 

【2018年8月】つみたてNISA成果報告

 

【2018年7月】つみたてNISA成果報告