プラチナカード バナー

 

みなさま、快適なクレジットカードライフを送っていますか?

とーみねは、カードの特典で悠々自適な生活を送っております。

対価として、バカみたいな額の年会費も払っていますが・・・

 

さて、今回は日常生活を豊かにするプラチナカードについてのお話です。

プラチナカードのランクは、ブラックカードに次いで上から2番目となります。

 

この辺りのランクになると、カードの年会費が2万円を超えてきて、発行に二の足を踏む方が増えてくるかと思います。

中には年会費10万を超えるものもありますからね、、

その代わりに、カードには日常生活を豊かにする付加価値が追加されます!

典型的な特典としては、グルメ優待やコンシェルジュデスクなんかがあげられます。

 

プラチナカードクラスになると、カードは単なる決済手段から、あなたの生活を豊かにするものに変わってきます。

 

それでは、魅力に溢れたプラチナカード解説のはじまりはじまり・・・。

 

プラチナカードとは

プラチナカードは、前述した通りクレジットカードにおける上位ランクの券種となります。

頂点となるブラックカードに次いで、ステータスのあるカードと言えるでしょう。

クレジットカードのランク図

 

ちなみに、日本で初めてプラチナカードを発行したのはアメリカン・エキスプレスで、日本における「プラチナ・カード」の商標を取得しています。

アメックス・プラチナカード

 

2017年のクレジットカード利用実態調査では、一般カードを利用しているユーザは80.5%、ゴールドカードを利用しているユーザは16.1%、プラチナカードを利用しているユーザは3.2%という実態が調査により明らかになっています。

近年は券面のインフレが進んでいるので、もう少しプラチナカードを持たれている方も増えているとは思いますが、それでもせいぜい5%くらいではないかなと思います。

※とーみねの感覚値です。笑

 

このプラチナカードというランクは、簡単に申し込める類のカードの中では最上位のランクに位置します。

ブラックカードになると、そもそも申し込みフォームが公開されてなかったりしますからね、、

 

この記事では、現在日本で取得可能なプラチナカードのうち、代表的な5枚について解説していきたいと思います。

 

アメックス・プラチナカード

アメックス・プラチナカード

 

入会費(税抜) 年会費(税抜) 家族カード(税抜)
130,000円 無料※
ETC(税抜) 国際ブランド 還元ポイント
無料 AMEX メンバーシップ・リワード
還元率 取得方法 取得難易度
1.0% WEB申し込み or インビテーション or 紹介 ★★☆☆☆

※家族カードは4枚まで無料で発行可能

 

最初のご紹介は、皆様ご存知「アメックス・プラチナカード」です。

世界最初のプラチナードといわれており、格式、特典、年会費のどれをとってもプラチナカードの中でトップクラスです。

要はサービスが素晴らしい分だけ年会費も高いということですね。

個人的には、アメックス・プラチナ付帯の特典は他のブラックカードレベルに匹敵すると思っています。

 

<アメックス・プラチナカード付帯の特典>

アメックス・プラチナカードに付帯する主な特典は以下の通り。

  • ホテルの上級会員資格が付与
    • ヒルトンの「ゴールド」会員
    • マリオットの「ゴールドエリート」会員
    • カールソン レジドールの「ジェイド」会員
    • シャングリ・ラの「ゴールド」会員
  • 高級ホテルの優待サービス(FHR、ホテルコレクション)
  • フリーステイギフト※1
  • プラチナカード会員用のコンシェルジュデスク
  • プライオリティ・パスが発行可能(家族カードでも発行可能、また1名まで同伴無料
  • デルタ空港ラウンジが利用可能※2
  • センチュリオンラウンジが利用可能(センチュリオン・カード専用スペースは利用不可)
  • 京都 高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」が利用可能
  • バースデイギフトのプレゼント
  • 2 for 1ダイニングby招待日和※3
  • 対象加盟店での決済が3%還元
  • 外貨決済が3%還元

etc…

※1 対象ホテルの無料宿泊チケット
※2 当日利用のデルタ航空搭乗券の提示が必要
※3 2名でのコース利用で1名分のコース料金が無料になる優待

 

このカード、特典の数が非常に多いです。

プラチナカードの中でも一二を争う多さです。

この記事内で全てをご紹介するのは難しいので、特典のまとめ記事をご参照ください!

アメックス・プラチナの特典一覧を一挙公開!プラチナカードの魅力にせまる!

 

<アメックス・プラチナカードの取得方法>

所得方法は大きく3種類。

公式サイトから申し込むか、プラチナカードホルダー(センチュリオンカードホルダーでも可)に招待してもらうか、インビテーションを待つか。

インビテーションについては、アメックス・ゴールドを取得してそれなりに使っているとすんなり来る印象です。

 

ちなみに、ホルダーからの紹介の方が入会時にもらえるポイントが20,000ポイントほど多い感じです。

※公式サイトからの申し込みは最大50,000ポイント、紹介からの申し込みは最大70,000ポイント取得可能

 

アメックス・プラチナであれば、とーみねからお得にご紹介することも可能ですので、よければ下記記事をお読みの上ご連絡頂ければと思います。

20代でアメックス・プラチナにWEBフォームから突撃した結果10秒で審査を通過した話

 

取得難易度は★2。

権威ある元祖プラチナカードではありますが、手法に関わらず、申し込めば割とすんなり取得できる印象です。

もしかしたら、この高い年会費がカード申込者のフィルターとしての役割を持っているのかもしれませんね。

「13万の年会費を払えるのであれば発行してあげよう!」的な?

 

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

 

入会費(税抜) 年会費(税抜) 家族カード(税抜)
22,000円 5,000円
ETC(税抜) 国際ブランド 還元ポイント
無料 Diners リワードポイント
還元率 取得方法 取得難易度
1.0% WEB申し込み ★★★★☆

 

2枚目のご紹介はダイナースクラブカードです。

ダイナースカードには「クラブカード」とブラックカードとしてご紹介した「プレミアムカード」の2種類が存在します。

なので、厳密にはこのカードはプラチナカードとはうたわれていませんが、付帯する特典のレベルの高さと高額な年会費から、とーみね的にはプラチナカードとして扱っています。

 

<ダイナースクラブカード付帯の特典>

ダイナースクラブカードの主な特典は下記となります。

  • 高級ホテルの優待サービス
  • 国内・海外の空港ラウンジ利用(年10回まで)
  • プレミアムカード専用のコンシェルジュデスク
  • コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカードが無料付帯)
  • エグゼクティブ・ダイニング※
  • 銀座プレミアムラウンジが利用可能(銀座ダイナースクラブカード独自の特典)
  • 大丸東京のラウンジが利用可能(銀座ダイナースクラブカード独自の特典)

※2名でのコース利用で1名分のコース料金が無料になる優待

 

ホテル優待、エグゼクティブラウンジ、空港ラウンジと旅に欠かせない特典が3つ揃ったカードです!

ライバルはMUFGプラチナエポスプラチナといった廉価プラチナカードでしょうか。

それぞれのカードに得手・不得手があるので、選択は自身の好みとなりますね。

簡単な比較表を載せておくのでご参考までに。

ダイナースクラブカード MUFGプラチナ エポスプラチナ
年会費(税抜) 22,000円 20,000円 20,000円
家族カード(税抜) 5,000円 1枚まで無料 発行不可
還元率 ◎※1
グルメ優待 ◎※2
空港ラウンジ ◎※3
ホテル優待

※1 年間100万の決済で20,000ポイントのボーナスが獲得可能
※2 コンパニオンカードの発行で、エグゼクティブ・ダイニングと招待日和両方の利用が可能
※3 家族カード含め、最大2枚までプライオリティ・パスの無料発行が可能

 

<ダイナースクラブカードの取得方法>

メジャーな所得方法は、公式サイトからの申し込みとなります。

 

取得難易度は★4。

プラチナカードの中では、三井住友プラチナカードについで審査が厳しい印象です。

申し込みしても落とされたという報告もちらほら聞きます。

まあ、もともと高属性の方を対象にしていたクレジットカードではあるので、多少持たせる人は選んでいるのかもしれませんね。

 

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

 

入会費(税抜) 年会費(税抜) 家族カード(税抜)
50,000円 無料
ETC(税抜) 国際ブランド 還元ポイント
無料 VISA Vポイント
還元率 取得方法 取得難易度
0.5% WEB申し込み or インビテーション ★★★★★

 

3枚目のご紹介は三井住友VISAカードの最高ランクカード「三井住友プラチナカード」とななります。

日本を代表するVISAカードといえば、三井住友VISAカードをイメージする方も多いのではないでしょうか?

 

ちなみに、三井住友カードはブラックカードを発行していないため、三井住友カードの中でも最上位のカードとなります。

個人的に三井住友のブラックカードも見てみたいですが、しばらくはなさそうですかね、、

 

<三井住友プラチナカード付帯の特典>

三井住友プラチナカードの主な特典は下記となります。

  • 高級ホテルの優待サービス(プラチナホテルズ)
  • メンバーズセレクション(※本会員のみ)
    • ライフアイテム、ビジネスアイテム等のプレゼント
    • 名医によるセカンドオピニオンサービス
    • プライオリティ・パスが発行可能(家族カードでも発行可能)
  • コンシェルジュデスク
  • プラチナグルメクーポン※
  • VISAプラチナの特典全て(プラチナトラベル、プラチナラグジュアリーダイニング等々)
  • USJの三井住友カード ラウンジが利用可能
  • 大丸東京のラウンジが利用可能

※2名でのコース利用で1名分のコース料金が無料になる優待

 

「USJの三井住友カード ラウンジ」については、他にはないこのカード独自の特典になります。

が、他の特典は割と一般的なものが多く、廉価プラチナカードでもカバー可能なレベルでしょう。

もうちょっと独自の特典が欲しいところです、、

 

<三井住友プラチナカードの取得方法>

所得方法は大きく2種類。

公式サイトから申し込むか、インビテーションを待つか。

インビテーションについては、三井住友ゴールドカードで年間150万~300万ほど決済していると届く印象。

 

取得難易度はプラチナカード最高峰の★5。

いきなりプラチナカードへ申し込むいわゆる「突撃」に関しては、中々の難易度のようです。

まずは三井住友ゴールドカードから始めるのが無難かと思われます。

自分の属性に自信がある方は、突撃してみてはいかがでしょうか?笑(落とされても、責任は取れませんが、、)

 

JCBプラチナ

JCBプラチナ

 

入会費(税抜) 年会費(税抜) 家族カード(税抜)
25,000円 無料※
ETC(税抜) 国際ブランド 還元ポイント
無料 JCB Oki Dokiポイント
還元率 取得方法 取得難易度
0.5% WEB申し込み ★★★☆☆

※家族カードは1枚まで無料で発行可能。

 

4枚目のご紹介は、2017年に彗星のごとく現れたJCBのプラチナカードです。

JCB THE CLASSを目指す場合の登竜門的な位置づけのカードとなります。

 

個人的な感想なんですが、デザインだけ見るとゴールド・プレミアのほうがカッコよくないですかね?

いえ、なんでもないです、、、

JCBゴールド・プレミア

 

<JCBプラチナ付帯の特典>

JCBプラチナの主な特典は下記となります。

  • 高級ホテルの優待サービス(JCBプレミアムステイプラン、海外ラグジュアリー・ホテル・プラン)
  • プライオリティ・パスが発行可能(同伴者は有料)
  • コンシェルジュデスク
  • グルメベネフィット※
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGEが利用可能
  • JCB Lounge 京都が利用可能

※2名でのコース利用で1名分のコース料金が無料になる優待

 

三井住友プラチナカードでも同じことを書きましたが、独自の特典が少ないです。

まあ、年会費が25,000円と三井住友プラチナカードの半額であるため、価格面では中々優秀ですかね。

ただ、それでも優待目当てで持つなら、ダイナースや廉価プラチナの方がいい気がします。

年会費的には、JCBプラチナを下回りますしね、、

 

<JCBプラチナの取得方法>

主な取得方法はWEBからの申し込み。

公式サイトから申し込むか、MyJCBから「カードのアップグレード」を申し込むか。

どちらの方法に優位性があるかは判断しかねますが、MyJCBからの申し込みの方がなんとなく良いイメージです。

MyJCB

 

JCBプラチナの申し込み権利がある方は、下図のような表示があるかと思います。

カードのアップグレード

 

取得難易度は★3。

ダイナース以下、廉価プラチナカード少し上といった印象。

まあ、このカード自体、年会費的には廉価プラチナカードと大差ないわけですが、、

 

ラグジュアリーカード Black Card

ラグジュアリーカード Black Card

 

入会費(税抜) 年会費(税抜) 家族カード(税抜)
100,000円 25,000円
ETC(税抜) 国際ブランド 還元ポイント
無料 MasterCard ボーナスポイント
還元率 取得方法 取得難易度
1.25% WEB申込 ★★☆☆☆

 

最後のご紹介は、新生銀行のグループ会社であるアプラスが発行する「ラグジュアリーカード Black Card」です。

このカード少しややこしいのですが、チタンカード⇒ブラックカード⇒ゴールドカードの順にランクが上がっていきます。

なので、ブラックカードが実質プラチナカード扱いになります。

(ゴールドカードはブラックカード級となります)

 

年会費は驚異の10万円!

プラチナカードクラスではアメックス・プラチナに次ぐ年会費ですね、、

 

<ラグジュアリーカード Black Card付帯の特典>

ラグジュアリーカード Black Cardの主な特典は下記となります。

  • 航空会社の優待サービス(ハワイアン航空の「ゴールド」会員)
  • 高級ホテルの優待サービス
  • コンシェルジュデスク
  • プライオリティ・パスが発行可能(同伴有料)
  • ラグジュアリー リムジン(レストラン利用時のリムジン送迎サービス)
    • 往路のみ利用可能
  • ラグジュアリー アップグレード(レストラン利用時のアップグレード等優待)
  • ラグジュアリー ダイニング※1
  • ソーシャルアワー、ラウンジアワー(国内ホテル等のラウンジ利用)
  • TOHOシネマズの無料鑑賞優待(最大月2回)
  • 国立美術館の無料利用(同伴1名無料)
  • ショッピング優待※2

※1 2名でのコース利用で1名分のコース料金が無料になる優待

※2 ケンズカフェ東京での取り置きサービス、ROCOCOビールの直接購入等々

 

ラグジュアリーリムジンやラグジュアリーアップグレード、TOHOシネマズの無料鑑賞優待等、ユニークな特典が多く用意されているのがこのカードの魅力です!

地味に基本還元率も1.25%と高いのもいい感じ。

とーみねが特典を使った感想を記事にして公開しているので、ご参考までに。

下記はその一例。

レフェルヴェソンスでラグジュアリーアップグレードとラグジュアリーリムジンのコンボ!食事は当然帰り道までお得に快適に!

 

<ラグジュアリーカード Black Card取得方法>

主な取得方法は公式サイトからの申し込み。

インビテーションは・・・あるのかな?

チタン保有者には来るのかもしれませんが、あんまり聞かないですねぇ、、

 

取得難易度は★2。

こちらもアメックス・プラチナ同様、申し込めば割とすんなり取得できる印象です。

まあ年会費が10万超えてくると、それに見合った人が申し込んでくるということなんですかね、、

(とーみねは見合ってませんが。笑)

 

ラグジュアリーカード Black Card