20代でアメックス・プラチナにWEBフォームから突撃した結果10秒で審査を通過した話

今回は、20代の私がアメックス・プラチナにWEBフォームから突撃した結果10秒で審査を通過し、わずか4日でクレジットカードが届いたので内容をお伝えします。

 

とーみねのスペック

審査に通過し、無事アメックス・プラチナが届いた「とーみね」のスペックについて少しお話します。

アメックス・プラチナの発行を考えられている方は、一つの基準にしてもらえたらと思います。

 

名前:とーみね(仮称)

とーみねプロフィール画像

 

  • 29才男性(プロフィールには30才と書いていましたが、誕生日がまだなので、厳密には20代です)
  • どこにでもいる普通の会社員(役職なし)
  • 年収1,000万以下(大した年収ではないです)
  • クレジットカード11枚所持(先月にも別のカードを1枚取得)
  • アメックスゴールド未所持(グリーンすら持ってません)
  • アメックスからのインビテーション(招待)なし
  • SPGアメックス所持(入会から丁度1年ほど経過)
  • SPGアメックスで年間200万決済(決済をこのカードに集めました)
  • 過去支払い遅延なし

 

ろくなスペックじゃないですね。笑

下3項目以外マイナス要素しかなさそうです。

我ながらよく通ったと思います。

 

さて、スペックの紹介が終わりましたので、今回の申し込みの顛末をお話しします。

とその前に、アメックスとはどんな会社か?どんなカードを発行しているのか?

通常の取得方法とはどういう道のりなのかについて、ご説明しようと思います。

 

アメリカン・エキスプレスプラチナカード

ここでは、少しアメリカン・エキスプレスの歴史とプラチナカードのうんちくをしたいと思います。

興味ない方は、こちらからスキップしてください。笑

 

アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスは、1850年にウェルズ・ファーゴ(アメリカ合衆国で最も支店数が多い金融機関)の創設者であるヘンリー・ウェルズらによって発足しました。

最初は荷馬車で荷物を運ぶ運送業をなりわいとしており、会社名もCargo Expressでした。

その後、郵便為替業務や旅行サービス、クレジットカード等幅広い事業を手掛けていきます。

この会社が日本に進出したのは1954年の出来事でした。

当初は「AMEX 銀行東京支店」となっており、この頃は日本ではまだクレジットカード業務は行っていませんでした。

 

そして月日は流れ、1983年AMEXカードの発行が日本で開始されることになりました。

実に35年前の出来事です。

 

アメリカン・エキスプレス プラチナカード

アメックス・プラチナカード

 

さて、今回とーみねが取得したアメックス・プラチナはというと、1993年に日本での発行が開始されました。

この記事を執筆している2018年から計算すると、25年前ですね。

実はプラチナカードを日本で初めて発行したのが、アメリカン・エキスプレスです。

ちなみにアメリカン・エキスプレスは「プラチナ・カード」の商標を日本において取得しています。

真のプラチナカードはアメックスだけ!というアメックス社の主張ももっともですね。

 

また、2018年にはアメックス・プラチナカードはメタルカードとして生まれ変わりました!

さらに真のプラチナカードとしての風格に磨きがかかった感じがします。

アメックスプラチナ メタルカード

 

メタルカード化については、紹介記事を別途書いているので、興味のある方は見てみてください!

金属製のアメックス・プラチナ「メタルカード」が日本でも適用開始!内容を徹底解説!

 

 

ちなみにこのプラチナカードですが、年会費が130,000円(税抜き)と超高額です。

年会費からも真のプラチナカードの風格が漂っています、、

 

 

アメックスセンチュリオンカード

 

さて、アメックス・プラチナの発行以降、色々なイシュア(クレジット発行会社)がこぞってプラチナカードを発行しました。

その結果アメックスはさらなるグレードのカード「アメックスセンチュリオンカード」を発行しました。

俗にいうブラックカードです。

戦車でも買えるカードと言われているのが、このセンチュリオンカードになりますが、この話はまた別の機会に、、

 

 

アメックスカードは招待制

スペックにも書きましたが、今回の申し込みに当たりインビテーションはもらっていないどころか、アメックスゴールドカードも所持していませんでした。

一昔前アメックス・プラチナは、インビテーション(招待)制でした。

 

アメックス・プラチナ所得のステップ

 

まず、アメックスグリーンを発行して使い込むと、アメックスゴールドのインビテーションが届きます。

そして、アメックスゴールドを取得して使い込み、その実績が認められた人にアックスプラチナのインビテーションが届きます。

 

この招待の仕組み自体は今でも健在です。

招待こそ王道の取得方法と言えるでしょう。

 

ただし上記方法では、グリーンカード取得して1年使い込み、次にゴールドカードを取得して1年使い込みようやく招待が来る可能性があるというものです。

1年間に100万くらいは決済しないといけないと仮定すると、2年という長い年月と200万という多額の決済が必要となります。

 

では、いかにしてこのフェーズをすっ飛ばしていきなりプラチナカードを取得したのか?

いよいよその内容をお伝えします。

 

アメックス・プラチナがWEB申込可能に

少し前に、アメックス・プラチナがWEBページから申し込めるようになりました

今まで隠れた存在であったプラチナカードが公になったということですね。

最近ではアメックス・プラチナのCMも流されているようです。

 

今回、私はその申し込みページから審査を受けることで、ゴールドカードの保持やインビテーションといった過程をすっ飛ばして、いきなりアメックス・プラチナを取得しました。

 

アメックス・プラチナ申込WEBフォーム

 

ただし、公になったといってもプラチナカードはプラチナカード。

誰でもほいほい申し込めるということではありませんでした。

このWEB申込ページは招待制のページとなっており、アメックス・プラチナカード保有者からの紹介でしかアクセスできません。

 

なんだ結局紹介制か、、、とがっかりしないでください。

今回私はアメックス・プラチナを取得しましたので、皆さんを招待することも可能です。

周りにアメックス・プラチナをお持ちの方がいない場合、ご連絡いただければとーみねから招待させていただきます。

今なら入会時に最大60,000ボーナスポイントがもらえるキャンペーン中です。

ご興味があれば、下記フォームからお問合せください!

 

※上のフォームからお問合せいただいて10分以上返信がない場合は、お手数ですが、迷惑メールとして分類されていないかご確認をお願いいたします。

※メールが全く届かない場合は誠にお手数ですが、「tomineblog.contact@gmail.com」までご連絡いただけますでしょうか。

 

ちなみに、SPGアメックスについても保持しているため招待可能ですので、興味がある方は下記記事を読んでみてください!

マイルがザクザクたまる「SPGアメックス」の特典、メリット・デメリットを徹底解説!

 

さて、少し話はそれましたが、この申込ページですが審査が爆速でした。

なんとWEB上で審査が完了、10秒程度でした。

 

その結果は、、、

 

アメックス・プラチナ審査完了画面(合格)

 

「ご入力いただきました内容に基づき、弊社所定の審査の結果、カードをお届けできる運びとなりました。」

「ご入力いただきました内容に基づき、弊社所定の審査の結果、カードをお届けできる運びとなりました。」!?

 

途中項目で「年収」「使用している他のAMEXカード」「貯金額」についての設問があったので、この部分が影響しているのかも知れません。

特に「使用している他のAMEXカード」については、私はSPGアメックスを多用(年間200万円以上の決済)していたので、その実績が審査に影響したんですかね、、

 

数日後、、、

 

申込から4日後にアメックス・プラチナが到着

WEB申込から待つこと4日間、本当に送られてきました!

一瞬で審査が終わっていたので、かなり半信半疑でしたが、やはり審査は無事通過していたようでした。

 

アメックス・プラチナっ到着(封筒)

 

封筒を開けると、、、

 

アメックス・プラチナ封筒開封

 

家族カードも同時に申し込んだので、2枚届きました!

 

次回はアメックプラチナの特典や届いたらやるべきことについて触れていきたいと思います。

アメックス・プラチナが届いたらまずするべき9つのこと

 

アメックス・プラチナの驚愕の特典についてはこちら!

アメックス・プラチナの特典一覧を一挙公開!プラチナカードの魅力にせまる

 

アメックス・プラチナは魅力的だけど年会費が、、、という方はMUFGプラチナ・アメックスもおすすめですよ!

ラウンジ、ダイニング優待も利用可能「MUFGプラチナ・アメックス」の特典、メリット・デメリットを徹底解説!

Follow me!