コード決済戦国時代到来!陸マイラーが利用すべきコード決済アプリは何?「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天ペイ」「PayPay」をランキング比較!

時はコード決済戦国時代。

世には様々なコード決済が溢れかえっています。

 

とーみねが覚えているだけで下記のような種類のコード決済が存在します。

  • LINE Pay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ
  • PayPay
  • pring
  • paymo(ご臨終)
  • SKIYAKI PAY
  • pixiv PAY
  • EPOS Pay
  • はまPay
  • Yahoo!ウォレット
  • ファミペイ
  • 7 pay(ご臨終)

等々

 

種類が豊富ですが乱立しすぎています。

とーみねのスマホも大変なことに、、、

とーみねがインストールしている決済アプリ

 

お隣中国では、コード決済の覇権を握っているアプリはわずかに二つ「支付宝(アリペイ)」「微信支付(WeChatPay)」だけです。

「支付宝(アリペイ)」「微信支付(WeChatPay)」の普及率はすさまじいもので、中国発信の国際ブランドクレジットカードである「銀聯(ユニオンペイ)」をも圧倒する勢いです。

ALIPAYとWeChatPay

 

近年では国内の様々なコード決済アプリが、日本の「支付宝(アリペイ)」「WeChatPay(微信支付)」となるべく激しい競争をしています。

各社、決済可能店舗拡大・決済ユーザ獲得に余念がありません。

こうしたユーザ獲得合戦がヒートアップすると様々なお得キャンペーンが打ち出されるわけです。

大盤振る舞いでユーザを定着させる作戦ですね。

 

 

このビッグウェーブに乗るしかありません!

生き残るコード決済アプリを見極めつつも、各社のお得なキャンペーンを上手に乗りこなしていきましょう!

 

今回は山ほどあるコード決済の中から、陸マイラーである とーみね が注目しているお勧めのコード決済アプリ「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天ペイ」「PayPay」の4つを紹介したいと思います。

 

コード決済とは

コード決済

 

まず、話を始める前にコード決済とは何かについて、軽くお話ししたいと思います。

コード決済とは、文字通りバーコードやQRコードといったものを読み込むことで決済を可能にする仕組みです。

 

利用者はお会計の際「〇〇Pay」でお願いしますと宣言し、お店側が提示してくるQRコード(バーコード)を専用アプリ読み込みます。

すると、なんとそれだけでお会計が完了してしまうのです!

 

この仕組みが普及すれば、現金はおろかクレジットカードすら持ち歩く必要はなくなります。

本当にスマホ一つでオールオッケーといった感じですね。

 

さて、気になるのはその仕組みでしょう。

コード決済の種類により差はありますが、大体のコード決済は下図のような仕組みで決済が行われています。

コード決済概要

 

どうです?便利そうだと思いませんか?

この便利さだけでも使ってみる価値ありですが、今はお得なキャンペーンが実施されているのでさらに使う価値アップです!

 

では、いよいよ とーみねおすすめの順に決済アプリを紹介していこうと思います!

※順位にはとーみねの私情がかなり含まれるので、ご了承ください

 

 

1位:PayPay

PayPayバナー

 

提供会社 PayPay株式会社
ポイント名 paypayライト
還元率 0% or 1.5%
銀行口座からのチャージ
クレジットカードからのチャージ 〇※1
チャージに使えるクレジットカードのブランド VISA、MasterCard、JCB※2

※1 お支払い方法として設定できるクレジットカードは、VISA、MasterCard全般となりますが、実際に現金のチャージが可能なクレジットカードはヤフーカードのみとなります
※2 登録可能なJCBのカードはヤフーカードのみとなります

 

まずは、とーみね一押しのコード決済「PayPay」をご紹介!

 

ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社が株主のPayPay株式会社が出しているコード決済アプリです!

PayPayで決済する銀行口座やクレジットカードをアプリに登録しておくことで、スマホ一つで決済が可能です。

 

しかもなんとPayPayで支払いをすると、支払い金額の最大1.5%相当のPayPayボーナスが付与されます。

※PayPay残高 or ヤフーカード支払いなら1.5%還元、その他カードの場合は0%還元となります

 

また、様々な支払い方法が用意されていることもPayPayの大きな特徴の一つです。

銀行やクレジットカード※からチャージした「PayPay残高」からの支払いも可能ですし、クレジットカードからの支払いも可能です!

※クレジットカードからの残高チャージについては、現在「Yahoo!JAPANカード」のみが対応となります

 

PayPayについては、こちらで解説しているので気になる方は見てみてください!

コード決済「PayPay」なら常時1.5%還元!インストールから設定までを徹底解説!

 

 

陸マイラーから見たPayPayのメリット・デメリット

陸マイラーから見たPayPayのメリットは、ヤフーカードからPayPayへのチャージで1%のTポイント還元があるところでしょうか。

TポイントはANAマイルに高レートで移行することが可能なので、陸マイラーにとては素晴らしいの一言です。

 

デメリットというか懸念ですが、ヤフーカードが無くなりそうなところでしょうか、、

ヤフー関連のサービスでは、Tポイント付与の代わりにPayPayボーナスの付与が主体となってきているので、いずれヤフーカードもPayPayボーナス還元の新カードとして生まれ変わりそうです、、

 

2位:Origami Pay

Origami Pay

 

提供会社 Origami
ポイント名 キャッシュ
還元率 1.0% or 3.0%
銀行口座からのチャージ
クレジットカードからのチャージ
チャージに使えるクレジットカードのブランド VISA、MasterCard

 

とーみね2番目の押しであるOrigami Payです。

 

Origami Payは株式会社Origamiが提供するQRコード決済アプリです!

Origami Payで決済する銀行口座やクレジットカードをアプリに登録しておくことで、スマホ一つで決済が可能となります!

 

お支払い方法や支払い店舗により、下記3パターンのいづれかの還元を受けることができます!

  • お支払い方法を金融口座関連に設定してOrigami Payで支払うと3%割引(最大割引額3,000円)
  • お支払い方法をクレジットカード・デビットカードに設定してOrigami Payで支払うと1%割引(最大割引額2,000円)
  • ケンタッキーでは、Origami Pay利用で50円割引

 

3%OFFと言えば、なかなかに強力な還元率です。

KyashとOrigami Payを組み合わせることで、お支払い方法をカード決済にした場合でも常時3%還元を実現させることが可能です!

Origami Pay(オリガミ)× Kyashならカード支払いでも3%還元!組み合わせ次第では4%還元も夢じゃない!?

 

何もキャンペーンが開催されていなくても3%還元とは恐れ入ります、、

LINE Payの牙城が(個人的に)崩されて以降、堂々の一位に返り咲きました。

 

陸マイラーから見たOrigami Payのメリット・デメリット

陸マイラーから見たOrigami Payのメリットは、やはりKyashを支払方法に設定できる点でしょうか。

Kyashで1%還元率を底上げしつつ、Kyashに紐づけるカードで好きなカードのポイントを貯めることができる点は素晴らしいの一言です。

ただし、カードを支払方法に設定した場合、Origami Pay自体での還元率が1%に下がってしまうのがいただけません、、

 

逆にデメリットは、導入店舗の少なさですね。

後出しのPayPayに完全に置いて行かれた感じがするので、導入店舗獲得には一層力を入れて欲しいところです。

 

 

3位:楽天ペイ

楽天ペイ

 

提供会社 楽天株式会社
ポイント名 楽天スーパーポイント
還元率 0.5% or 1.5%※
銀行口座からのチャージ
クレジットカードからのチャージ
チャージに使えるクレジットカードのブランド VISA、MasterCard

※楽天Payに楽天カードを登録した場合は1.5%還元、その他のカードでは0.5%還元

 

楽天株式会社が提供するコード決済アプリ、それが「楽天ペイ」です。

1位のPayPayと比較すると、大きなキャンペーンもそれほど多くなく落ち着いた感じの決済アプリです。

 

ただし、その破壊力には目を見張るものがあります。

楽天ペイのチャージに楽天カードを指定した場合は1.5%ポイント還元!

単純に支払い方法にカードを設定して得られる還元率としてはPayPayと同等です。

 

陸マイラーから見た楽天ペイのメリット・デメリット

陸マイラーから見た楽天ペイのメリットは、決済の0.5%分の楽天ポイントが還元されるところでしょうか。

ただし、楽天ポイントはANAマイルへの交換レートがあまりよくないため、積極的に楽天ペイ利用を狙っていく必要はないかと思います。

楽天ペイしか導入していないお店で使えるように準備しておくといった感じです。

 

4位:LINE Pay

LINE Pay

 

提供会社 LINE Pay株式会社
ポイント名 LINE Payボーナス
還元率 0.5%~2.0%
銀行口座からのチャージ
クレジットカードからのチャージ ×
チャージに使えるクレジットカードのブランド

 

とーみね的ランキングでは最下位となってしまったのがこの「LINE Pay」です。

 

LINE PayはLINE Corporation社のプリペイドカード兼コード決済アプリで、銀行やコンビニから、LINE Payにお金をチャージすると、チャージした分だけプリペイドカード決済かコード決済が可能となります。

 

コード決済だけでなく、JCBのプリペイド型電子マネー「LINE Payカード」が使える点が強みですね。

コード決済の普及率は、お世辞にもまだまだ高くないので、カード決済も可能なところは魅力的です。

 

最近では、Google PayのQUICPayにも対応し、便利さに拍車がかかっています。

Google PayのQUICKPayにLINE Payが登録可能!LINE Pay登録で1,000LINEポイントゲットのキャンペーンも開催!

 

LINE Payカードの決済では、前月のLINE Pay決済額に応じて、0.5~2.0%の還元率が設定されます。

 

と、ここまではいいこと尽くし。

それほど悪い感じはしないかと思います。

 

では、なぜLINE Payが4位なのか?

その理由はLINEポイントの改悪にあります。

2019年12月27日午後3時をもって、「LINEポイント」から「メトロポイント」への移行ルートが封鎖となります。

この発表により、陸マイラー界でのLINEポイントの評価はダダ下がり。

つられてLINE Payの評価も失墜という感じです。

 

ANAマイル交換ルートの要所を塞がれたのは、正直痛いですね、、

ANAマイルへの交換ルート早見図(LINEポイント→メトロポイント交換廃止後)

 

陸マイラーから見たLINE Payのメリット・デメリット

陸マイラーから見たLINE Payのメリットはほぼないと言っていいでしょう。

残ったLINE Payボーナスをどう使用するかという悩みの種だけが残っている状態です、、

とーみねは期限切れになる前にジェフグルメに変えてしまおうかと思っています。

 

一応陸マイラーではない方向けにLINE Payがお得かどうか考察してみると、こちらでも他のコード決済アプリには還元率で少し見劣りするような状態です。

コード決済で+3%還元率アップのキャンペーンの存在は大きかったようです、、

 

とはいえ、この国ではLINEの人気はすさまじいもの。

スマホユーザの大半がLINEをインストールしているため、手が出しやすいのも事実。

これからの時代、最低一つくらいはコード決済アプリを入れていた方がいいと思うので、キャッシュレス初心者にはそこそこお勧めできるかなと思います。

 

以上、コード決済戦国時代到来!陸マイラーが利用すべきコード決済アプリは何?「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天ペイ」「PayPay」をランキング比較!でした。

Follow me!