三井住友カードからポイント還元率を重視したプラチナカード「PLATINUM PREFERRED」が登場!お得なカードのメリット・デメリットを解説!

(2020/9/17)プラチナム プリファードカードの審査難易度、付帯特典について追記しました。

 

2020年8月25日、三井住友カードから重大発表があるとの告知がありました。

 

界隈では、「Apple Pay対応?」「VISA Infinite!?」「MAMOLEAD!?!?」など様々な憶測が飛び交っていましたが、翌8月26日に答えが判明しました。

三井住友カードの重大発表とは・・・

新しいプラチナクラスのクレジットカード「PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)」の公開でした!

 

一体どんなカードなのか?気になりますよね?

ということで、今回は「PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)」のメリット・デメリットについて、ご紹介していこうと思います。

 

PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)

PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)

出典:三井住友カード

 

年会費(税別) 家族カード(税別) ETC(税別)
30,000円 無料※1 未公開
国際ブランド ポイント名 還元率
VISA Vポイント 1.0%※2

※1 何枚まで無料となるかは、8/26時点では未公開
※2 基本還元率は1.0%ですが、特約店が設定されており、利用する店舗によって還元率が1~9%で変動

 

PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)は、三井住友カードで発行する新規路線のプラチナカードとなります。

コンセプトは「サービスはシンプル、リワードはリッチに」となっており、皆大好き還元率に重きを置いていることがうかがえますね。

 

カード決済の還元はおなじみの「Vポイント」となります。

還元率は通常1%と普通な感じですが、前年度の利用額100万円毎に、10,000ポイントのボーナスをもらうことができる(最大40,000ポイントまで)ので、年100万円ジャストのカード利用の場合、還元率は驚異の2.0%となります。

しかも、カード使用店舗によっては、さらにボーナスポイントがもらえる(+1~9%)というのですから、頭が上がりません。

リワードはリッチにというフレーズは伊達ではありませんね。

ボーナスポイントがもらえる特約店は下記となります。

PLATINUM PREFERRED 特約店(百貨店、旅行、交通、ライフスタイル)

PLATINUM PREFERRED 特約店(コンビニ、カフェ・ファストフード、ドラッグストア)

PLATINUM PREFERRED 特約店(スーパー)

出典:三井住友カード(PDF)

 

ちなみにこのカードについては、国内だけでなく海外でも高還元率を叩き出します。

なんとこのカード。外貨決済で利用すると+2%のポイント還元を受けることができるんです!

基本還元率が1.0%なので、海外での利用は合計で3.0%還元になります。

 

券面はこれまでの三井住友カードと同様、表にカード番号を記載しないスタイルです。

しかも、PLATINUM PREFERREDに関しては、「MITSUI SUMITOMO CARD」の表示すら消えて、より洗練されたデザインとなっているようです。

 

PLATINUM PREFERRED(プラチナム プリファード)の審査

2020年9月1日から申し込みが可能となっています。

せっかくなので、とーみねも9月1日の公開と同時にカードを申し込みました!

 

結果は・・・無事審査通過!(/・ω・)/

 

審査通過からおおよそ1週間ほどでカードがお家に届きました!

(とーみね のカード到着が遅くなった理由はこちらの記事をどうぞ)

プラチナプリファードカード到着

 

中を開けると、銀色に輝くプラチナム プリファード(白)が!

ショッピング枠(S枠)はまさかの500万円!

すさまじいですね・・・。

プラチナプリファードカード到着

 

さて、気になる審査難易度ですが・・・

そこまで高くはないように感じます。

感覚値ですが、三井住友カードプラチナ以下、三井住友ゴールドより少し上くらいでしょうか。

少なくとも、アメックス・プラチナやラグジュアリーカードを所持している方は、問題なく発行できるレベルだと思います。

(注:あくまで とーみね の感覚です)

 

メリット・デメリット

考え込む女性

 

どのクレジットカードにもメリットもデメリットの両方が必ず存在するので、それをいかに把握するかがカード選びで重要になってきます。

ここでは、現時点で分かっている情報を元に、とーみねなりのメリット・デメリットについての考察をお伝えしたいと思います。

 

メリット

先ほども少し触れましたが、メリットは何といってもポイント還元率

年間100万円単位でのカード利用を心掛けることで、2.0%近くの高還元をたたき出すことができるのは圧巻ですね!

貯まったVポイントは交換レート70%※でANAマイルに交換できるため、ANAマイル還元率は1.4%。

ANAマイラー垂涎の還元率ですね!

Vポイント→ANAマイルの交換ルート

※このルートでのANAマイル交換には、「JQ CARDセゾン」「みずほマイレージクラブカード/ANA」のクレジットカードが必要です

 

また、外貨決済時には還元率が+2%される特典も素晴らしいです。

基本還元率が1.0%なので、海外での利用は合計で3.0%還元になります。

ちなみに、海外利用で3.0%還元といえば、アメックス・プラチナと同等の高還元!

アメックス・プラチナカード

 

とーみねも海外旅行では3.0%還元につられて、アメックス・プラチナ使いまくっていましたが、いかんせん使えるお店がそこまで多くないというのが悲しい現状。

しかし、このカードのブランドはVISA

海外でVISAだけが使えないお店なんてほとんどないため、海外旅行大好きな我々陸マイラーには非常にマッチしたカードであると言えます。

 

デメリット

さて、こんな素晴らしいカードにもデメリットはあります。

このカード、プリファードというだけあり、ポイント還元に関する特典は素晴らしいの一言!

ですが、その他の特典がほとんどついていません。

通常、プラチナカードには「1人分の食事代が無料となるグルメベネフィット」「プライオリティ・パス」等と様々な特典が付帯しているもんなんですが、、

 

一応Visaのプラチナカードとして認識されているので、Visaプラチナカード特典である「Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)」や「Visaプラチナ ラグジュアリーダイニング」等は利用可能です。

※詳細はこちらのサイトからご確認ください

VISAプラチナカード 認証画面

Visaプラチナ ラグジュアリーダイニング

 

ただ、そうは言っても、年会費が30,000円のカードの特典が「Visaプラチナカード特典」と「還元率の優遇」だけというのは少し寂しい感じがします。

基本的なプラチナカードの特典が付帯し、かつ高還元なカードと言えばエポスプラチナカードがありますからね、、

エポスプラチナ

 

エポスプラチナだと、年間100万利用で25,000ポイントがもらえるため還元率は2.5%

PLATINUM PREFERREDの2.0%を還元率でわずかに上回るうえに、前述した「1人分の食事代が無料となるグルメベネフィット」「プライオリティ・パス」などの優待も付帯されており、かつ年会費は20,000円。

どうしても、PLATINUM PREFERREDが少し見劣りしてしまいますね、、

 

エポスプラチナの詳細については、こちらの記事を見てみてください。

クレジットカード上級者におすすめする厳選4枚!還元率2.0%越えのお得カードを紹介!

 

PLATINUM PREFERRED・・・難しいカードです、、

 

以上、三井住友カードからポイント還元率を重視したプラチナカード「PLATINUM PREFERRED」が登場!お得なカードのメリット・デメリットを解説!でした。

Follow me!