ANAよりPP(プレミアムポイント)積算2倍キャンペーンが告知!?新型コロナ影響緩和のための苦渋の決断・・・

新型コロナウイルスが世界経済もむしばんでいる昨今。

突如ANAから衝撃のキャンペーンについて連絡が来ました。

 

その内容は、ANAおよびANAグループ運航の国内線・国際線全路線での搭乗について、通常の2倍のPP(プレミアムポイント)を付与するというものです!

とーみね、この案内を見てSFCに対する価値観が変わりそうになりました、、

 

これがどれくらいの衝撃かについては、SFCとは?、SFC修行僧とは?、PPとは?という疑問に、順にお答えしていく必要があります。

それでは少し長くなりますが、お付き合いいただければと思います。

 

SFCとは

 

SFCとは、「ANAスパーフライヤーズカード」の略であり、所持している限りANAの上級会員(プラチナ会員)に近い扱いを受けることができるクレジットカードです。

例えば、SFCには以下のような特典があります。

 

  • ANAのプレミアムメンバー専用サービスデスクの利用
  • ANAのラウンジ利用
  • 座席のアップグレード(エコノミーからプレミアムエコノミーへアップ ※空きがある場合のみ)
  • 国際線特典航空券のの優先予約
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 優先搭乗の案内

等々

 

所持しているだけで、快適な空の旅が約束されています!

 

えっ、そんな便利なカードをなぜ紹介しないかって?

実は、このクレジットカードを取得するには、とある難しい条件をクリアする必要があります。

 

その条件はこちら!SFCの取得には、これらの条件のいずれかを達成する必要があります、、

  • ダイヤモンドサービスメンバー(必要PP:100,000)
  • プラチナサービスメンバー(必要PP:50,000)
  • ANAグループ運航便のご搭乗で100万ライフタイムマイルに到達

 

ステイタス獲得条件

出典:ANA

 

一見たいしたことなさそうに見えますが、実はこの条件の達成がなかなかに難しい、、

普通の人が簡単に達成できるような条件ではないのです。

 

なぜ、簡単ではないのでしょうか?

それでは、上記SFC条件の中で最も簡単な「プラチナサービスメンバー」を例に上げて説明していきたいと思います。

 

プラチナサービスメンバーになるための条件はいたってシンプル。

ANA便の搭乗でもらえるプレミアムポイント(PP)を50,000PPを貯めればいいだけです!

たったそれだけなんですが、これが難しい、、

言うは易く行うは難しはまさにこのこと、、

 

例えば、羽田ー大阪の航空券を「ANA SUPER VALUE 55」で取った場合に得られるプレミアムポイントは下記となります。

KIX-HNDをANA SUPER VALUE 55で予約した場合に得られるPP

出典:ANA

 

驚愕です!

なんと東阪の移動では片道のフライトで、420PP(プレミアムポイント)しか貯まらないのです、、

こんなポイント数では、50往復しても50,000PPを達成できません、、

しかもこのPP(プレミアムポイント)ですが、毎年12月31日で失効してしまいます。

つまり、1年の間に50,000PPを貯める必要があるということです、、

 

こんな条件、あっちこっち仕事で飛び回るビジネスマンでもなければ、到底達成できるものではありません、、

 

SFC修行僧

修行僧

 

さて、ここまでで、pp(プレミアムポイント)を貯めることがいかに難しいか分かっていただけたかと思います。

普通ならここで、「全然無理じゃん、止めた止めた」となるんですが、それでも諦めきれなかった人たちがいます。

 

その人たちこそが「陸マイラー」の諸先輩方です!

 

貯めたマイルで、より快適に旅がしたかった陸マイラーの方々は、ついに50,000PPを達成すべく驚くべき行動に出ました。

その行動とは、旅行や仕事などではなく、ひたすらPPを取得するためだけに飛行機に乗り続けるという所業、、

中でも先人が編み出した「OKAタッチ(那覇タッチ)」と言われる手法は驚愕の一言、、

例えば、羽田ー沖縄の航空券を「ANA SUPER VALUE 55」で取った場合に得られるプレミアムポイントは下記となります。

HND-OKAをANA SUPER VALUE 55で予約した場合に得られるPP

出典:ANA

 

なんと、片道の移動で1,476PPを稼ぐことが可能です。

この数字は関空ー羽田の移動と比較すると、実に3倍以上の高率を誇ります。

この経路であれば、16往復の移動で50,000ポイントが達成可能というわけです。

(それでも16往復も必要という見方もあります、、)

 

でも何でOKAタッチ(那覇タッチ)っていうのでしょう?

答えは簡単。

沖縄に着いたらタッチするくらいの一瞬しか滞在せず、すぐ飛行機で戻るからです。

彼の人々は別に仕事や遊びで沖縄に行っているわけではありません。

PPを貯めるために行っているので、用が済んだら(空港についたら)すぐに折り返しの便に乗って帰ってしまうのです、、

 

傍から見ると、ただひたすらPPのためだけに飛行機に乗り続けている様が、苦行に見えるとのことで、こういった行為を繰り返す人々のことを総称して「修行僧」と呼ぶようになりました。

なので、SFC取得のために飛行機に乗り続ける人々は「SFC修行僧」と呼ばれるというわけです。

 

で、とーみね はというと、飛行機はあくまで移動手段という感覚だったため、これまで上記なような修行行為は行っていませんでした。笑

「陸マイラーであるとーみねがSFCを取得しない理由」みたいな記事を書こうとしていたくらい興味がありませんでした、、

券面的には取得したいという欲求もあったのですが、費用と時間に対するリターンを考えると、ウーン・・・という感じだったのです。

 

が、2020年3月19日。

ここにきて状況が一変することとなりました。

 

プレミアムポイントの特別倍率での積算について

2020年3月19日、ANAから一報が届きます。

その内容は、「プレミアムポイントの特別倍率での積算について」

 

なんと、新型コロナの影響により、危機的なまでに客足が遠のいたANAがPPを2倍付与するキャンペーンを始めました!

2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)の間、ANAおよびANAグループ運航の国内線・国際線全路線での搭乗について、通常の2倍のPP(プレミアムポイント)を付与するというものです。

詳細はこちらからどうぞ。

 

このキャンペーン期間に、前述した条件でOKAタッチした場合、片道で2,952PPを得ることができます。

ということはです、わずか羽田-沖縄を8往復少しするだけで、プラチナサービスステータスの50,000PPに到達することができるというわけです。

 

仮に、PP積算の多いプレミアムエコノミークラス(ANA VALUE PREMIUM 3)を利用して、羽田ー沖縄を移動したとすると、、

HND-OKAをANA VALUE PREMIUM 3で予約した場合に得られるPP

出典:ANA

 

なんと、片道の移動で5,720PPを稼ぐことが可能です。

この経路であれば、実に4往復半の移動で50,000ポイントが達成可能というわけです。

ここまでくると、もはや修行という表現は正しくないレベルになってきています。

 

ということで、ここにきて とーみね は大いに悩んでいるというわけなのです、、

 

一つ懸念があるとすれば、ANAの経営状況です、、

ここまで破格のキャンペーンをしてまで人に乗って欲しいということは、裏を返せば経営が危機的状況ということでもあります。

最悪、過去のJALのように経営破綻してしまう可能性すらあります、、

そうなれば、頑張って取得したSFCについてもどうなることやら、、

 

まあ、SFCに少しでも興味がある方がいれば、とーみねと一緒に大いに悩んでください。笑

あぁ、6月までに山ほど出張したい、、

 

以上、ANAよりPP(プレミアムポイント)積算2倍キャンペーンが告知!?新型コロナ影響緩和のための苦渋の決断・・・でした。

 

ANAマイルをためるために必要なカードについては、別途こちらでまとめているのでご参考に!

陸マイラーにお勧めする決済用クレジットカード4選!ANAマイルがザクザク貯まるカードとは!?

 

陸マイラーにお勧めするマイル移行用クレジットカード8選!あんなポイントもANAマイルに移行可能!?

Follow me!