2021/5/27、UCカードから新たなカードの告知がありました。

そのカードは「UCプラチナカード」

 

聞くところによると、プラチナカードでありながら年会費は2万円を切るとのこと。

非常に興味深い内容です・・・

 

ということで、今回は新登場した「UCプラチナカード」について紹介していきたいと思います。

 

UCプラチナカード

UCプラチナカード

出典:UCカード

 

月会費(税別) 家族カード(税別) ETC(税別)
15,000円 3,000円 無料?
国際ブランド ポイント名 還元率
AMEX UCポイント? 1.0%

 

UCカードが発行するプラチナカードそれが「UCプラチナカード」です。

実はUCカードってこれまでプラチナカードを発行していなかったんですよね。

 

UCプラチナカードに付帯する主な特典は以下の通り。

  • コンシェルジュデスク(Visaプラチナコンシェルジュ・センター)
  • 国際線利用時の手荷物配送が優待価格で利用可能(Visaプラチナ空港宅配)
  • 空港のカードラウンジが利用可能
  • 対象レストランで2名以上のコース料理利用で1名分無料(プラチナグルメクーポン)
  • 独自のプラチナ会員限定優待(トラベル、グルメ等)

等々

 

まあ、ほどほどですね。

VPCC(Visaプラチナコンシェルジュ・センター)ではありますが、コンシェルジュデスクが利用でき、トラベルやグルメの特典も多少用意されているので、プラチナカードとしての面目躍如は果たしているかと。

 

お次は還元率について。

このカードでは、1,000円の利用で2ポイントが貯まります。

ポイントの価値は1ポイント=5円ほどなので、実質1,000円で10円分の還元を受けることができます。

つまりは、還元率は1%ですね。

 

これだけだと、プラチナカードの還元率としては大したことないですが、このカードには利用に応じもらえる2種類のボーナスポイントが用意されています。

それがこちら!

UCプラチナカード ボーナスポイント

 

ボーナス①は、1年の間にポイントが付く日を10回以上発生させることで100ポイントのボーナスポイントがもらえるというもの。

つまり、月1,000円×10ヵ月で100ポイント(500円分の価値)がもらえるので、年間10,000の利用で120ポイントの還元を受けることができます。

丁度10,000円の利用にとどめれば、120ポイント=600円分の価値なので、還元率は6.0%となります!

超高還元ですね!

まあ、年会費かかるので、コレクション目的で発行される方以外にはお勧めしませんが、、

 

ボーナス②は、ボーナス①を達成した上で、UCポイントの累計が1,000以上になると150ポイントがもらえるというもの。

これは年間1,000ポイント貯めればいい感じですかね?

であれば、50万のカード利用で1,000ポイント貯まるので、50万使えば150ポイントもらえるということになります。

ボーナス①でもらえる100ポイントも加えると、50万のカード利用で合計250ポイントもらえます。

250ポイント=1,250円分の価値があるので、年間50万ジャストの利用で1.25%のポイント還元が狙えます。

 

エポスプラチナには遠く及びませんが、1.25%還元でもそこまで悪くない感じですね。

エポスプラチナの還元率については、こちらの記事をどうぞ。

【2021年版】クレジットカード上級者におすすめする厳選4枚!還元率2.0%越えのお得カードを紹介!

 

メリット・デメリット

考え込む女性

 

どのクレジットカードにもメリットもデメリットの両方が必ず存在するので、それをいかに把握するかがカード選びで重要になってきます。

ここでは、現時点で分かっている情報を元に、とーみねなりのメリット・デメリットについての考察をお伝えしたいと思います。

 

メリット

このカードのメリットは何と言っても年会費。

年会費の安いプラチナカードと言えば、エポスプラチナやMUFGプラチナがありますが、いずれも年会費は2万円越え。

対してUCプラチナカードの年会費は税別で15,000円

安くプラチナカードを持ちたいという方には超絶お勧めです。

 

また、トラベル関連ではザ・リーディング・ホテルズ・ワールドの優待を受けることができるようです。

宿泊ホテルで朝食2名様分無料等のサービスを受けることができるので、中々優秀な特典です。

ザ・リーディング・ホテルズ・ワールド 優待

 

デメリット

デメリットは・・・これといったものはないかなぁという印象です。

強いて上げるとするならば、プライオリティ・パスの特典がないところと、家族カードにも年会費がかかるところでしょうか。

MUFGプラチナであれば、家族カードが1枚まで無料で発行できる上に、プライオリティ・パスの特典も付帯しています。

 

後は、還元率についてもパッとしませんね、、

UCプラチナカードの還元率については、ボーナスポイントも含めると1.25%となります。

これはこれで悪くはないのですが、別に特段いいわけでもないんですよね。

エポスプラチナであれば、理論上最大4.0%還元まで狙うことができますからねぇ。

 

UCプラチナカードの仮想敵となるカードとの比較表を用意しましたので、発行の際の参考にしてみてください。

UCプラチナ エポスプラチナ MUFGプラチナ
年会費(税別) 15,000円 30,000円
(20,000円※1)
20,000円
家族カードの年会費(税別) 3,000円 発行不可 1枚まで無料
プライオリティ・パス 発行不可 プレステージ会員 プレステージ会員
※家族カードでも発行可能
ダイニング特典 プラチナ・グルメクーポン プラチナ・グルメクーポン プラチナ・グルメセレクション
基本還元率 1.0% 0.5% 0.5%
ボーナスポイント ①年間10ヶ月でのポイント獲得で、ボーナスポイント100ポイント獲得
②①を満たした状態で、1,000ポイント獲得すると、ボーナスポイント150ポイント獲得
①年間100万の利用でボーナスポイント20,000ポイント獲得(還元率+2.0%)
②選べるポイントアップショップでの買い物で還元率+1.0%
①年間100万利用で、翌年のポイント還元率が+0.25%
②ファイブスターメンバー※2だと還元率が+0.1%
外貨決済での還元率アップ 無し 無し +0.5%
指定月の還元率アップ 無し +0.5% +0.5%

※1 招待で発行した場合は年会費20,000円、年間100万以上利用した場合は次年度以降年会費20,000円
※2 ファイブスターメンバーになるためには、カード発行から累計250万の決済が必要

 

ちなみに、2021年6月1日(火)~6月30日(水)の間での入会で、ポイント20%還元のキャンペーンも開催されているので、すぐにカードが欲しい方は、今申し込んでおくとお得かもしれません。

UCプラチナカード 入会キャンペーン

出典:UCカード

 

以上、年会費2万円を切るプラチナカード「UCプラチナカード」が登場!廉価プラチナカード年会費の最安値更新!?でした。

Follow me!