アメックス・プラチナのファイン・ダイニング50(Fine Dining 50)を体験!今回は「鮨なかむら」さんにお邪魔しました!

アメックス・プラチナカードの特典ファイン・ダイニング50を体験してきました!

 

アメックス・プラチナのカードの代名詞といえば、ファイン・ホテル・アンド・リゾートとファインダイニング50(Fine Dining 50)でしょう。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートは前回のハワイ旅行で利用してきたので、残るファイン・ダイニング50(Fine Dining 50)については、とーみねも非常に楽しみにしていました!

 

今回はファイン・ダイニング 50の予約方法から、実際にお店にいった感想までお伝えしたいと思います!

 

ファイン・ダイニング 50(Fine Dining 50)

ファイン・ダイニング 50(Fine Dining 50)

出典:Fine Dining 50

 

ファイン・ダイニング 50(Fine Dining 50)はアメックス・プラチナカードに付帯する特典です。

予約が取りにくい名店を、年会で50店舗アメックス会員のために貸し切りにしてくれるという、何ともゴージャスなサービスです。

 

予約できるお店も名店ぞろい!

ミシュランで星を獲得しているお店や、通常予約を受け付けていない隠れ家店がリストに名を連ねています。

掲載されているお店を少しだけ紹介しておきます。

 

店名 備考
鮨 さいとう 2019年ミシュランガイド東京3つ星
カンテンサス 2019年ミシュランガイド東京3つ星
神楽坂 石かわ 2019年ミシュランガイド東京3つ星
虎白 2019年ミシュランガイド東京3つ星
L’Effervescence 2019年ミシュランガイド東京2つ星
Florilege 2019年ミシュランガイド東京2つ星
茶禅華 2019年ミシュランガイド東京2つ星
鮨 なかむら 2019年ミシュランガイド東京1つ星
木山 2019年ミシュランガイド東京1つ星
ete 紹介制※通常予約不可
SUGALABO 紹介制※通常予約不可

 

ファイン・ダイニング 50(Fine Dining 50)の予約方法

まずは、アメックスカードアプリを立ち上げ、メニューから「プラチナ・ウェブ」をタップします。

アメックスアプリ メニュー画面

 

ライフスタイルの中から「ファイン・ダイニング 50」をタップします。

プラチナ・ウェブ ダイニングページ

 

画面を下にスクロールし、「Fine Dining 50専用サイト」をタップしましょう!

ファイン・ダイニング 50の紹介ページ

 

ファイン・ダイニング 50の専用ページが表示されます!

 

 

ファイン・ダイニング 50 専用ページ

 

後は、好きなお店を探しましょう!

 

ファイン・ダイニング 50では、毎月第2・第3営業日が予約受付開始日となっており、朝9時から先着順で電話予約を受け付けています。

月末になったら、お目当てのお店の予約開始日をチェックしておきましょう!

 

ちなみに、申込日になると翌月の予約が可能となり、数店の中から一店舗の予約が可能です。

注意点としては、プラチナカード保有者が必ずお店に行く必要があります。

 

さて、とーみねも予約のために申し込み開始日の9時ジャストに電話してみました!

「大変込み合っております」

「大変込み合っております」

「大変込み合っております」

 

ぜ、全然つながりません、、

10分おきに電話したところ、10時頃にようやくつながりました。

いくつか予約受付終了しているお店もありましたが、なんとかお目当てのお店を予約することができました。

 

予約のポイントを簡単にまとめておきます。

  • 毎月数店(1~5店舗程度)の予約が可能
  • 予約受付開始日時は、毎月第2・第3営業日の9時頃
  • 人気店は9時前半で受付終了
  • 10時頃には比較的予約の電話がつながりやすい
  • 月に1回予約可能
  • プラチナカード保持者を含まない人達だけでの予約は不可

 

ファイン・ダイニング 50で「鮨 なかむら」を体験

予約の時間になったので、「鮨 なかむら」に向かいます!

 

お店の前につきました。

鮨なかむら 外観

 

ドアの隅にアメックスの光る箱が!

も、持って帰りたいです、、

光るアメックスボックス

 

お店の中に入り、席につきます。

と、、席の前にもアメックスボックスが!

ほ、ほしい

鮨 なかむら 店内

 

さて、アメックスボックスはあきらめて、ご飯を楽しもうと思います。

まずは、日本酒をいただくことに。

鮨なかむら 日本酒

 

最初にはまぐりの出汁、わかめをいただきます。

はまぐり感満載です。

貝好きとしては出だしからたまりませんね!

鮨なかむら わかめ、はまぐりの出汁

 

続いてはスモークしたはまぐりです。

こんがり香ばしく、中はふっくら、噛めば噛むほど甘みが出てくる素晴らしい一品でした。

この日食べた中でもかなり上位に食い込むおいしさです!

鮨なかむら 焼きはまぐり

 

続いてはたこをいただきます。

こりこりしていて触感も抜群です。

鮨なかむら たこ

 

アカムツの登場です。

のどぐろと言った方がいいでしょうか?

高級な魚ですが、贅沢に大ぶりの切り身でいただけます。

ふっくらしていて、舌の上で溶けていきます。

鮨なかむら のどぐろ

 

どんどん出てきます。

白エビの昆布締めです。

これも超高級品。

甘みが抜群で日本酒が進みます!

鮨なかむら 白エビのこぶじめ

 

ぷりっぷりのほたるいかをいただきます。

鮨なかむら ほたるいか

 

フグの白子です。

上にはばちこ(なまこの卵巣の塩漬け)が乗っています。

とろーり濃厚な白子をほおばり、日本酒をいただきます。

鮨なかむら ふぐの白子とばちこ

 

一品ものラストを飾るのは大ぶりのカキでした!

ふっくらジューシーでたまりません。

鮨なかむら カキ

 

おなかもかなり膨れてきましたが、ここからが本番です。

まずはひらめから。

肉厚でぷりっぷりですが、切れ目のおかげかすっと食べれてしまいます!

鮨なかむら ひらめ

 

続いてはアオリイカ。

包丁の入りが抜群です!

触感抜群なのに、口のなかにイカが全く残りません。

甘みだけが余韻として残ります。

鮨なかむら アオリイカ

 

こはだです。

見た目美しく、味も最高。

臭みが全くなく、光ものが苦手な方にもおすすめできそうです。

鮨なかむら こはだ

 

タイがでてきました。

とろけるような触感と甘みです。

鮨なかむら たい

 

小柱の軍艦。

とーみねは貝大好きなのでたまりませんね。

日本酒進みまくりで、ビールまで頼みまくってしまいました♪

鮨なかむら 小柱

 

えびです。

ただのえびではなく、車えびです!

一口でなんとかほおばれるほどの大きさ、噛んだ時の弾力、口に広がるえびの甘み、、、

完璧ですね。

鮨なかむら えび

 

漬けマグロです。

つかりは浅すぎず完璧です。

漬けた際に少しでる、もっちりとした触感もいい感じです。

鮨なかむら 漬けマグロ

 

トロですね。

いやみのないあぶらでした。

正直結構お腹がいっぱいだったので、胸やけしないか心配でしたが、完全なる杞憂でした。

鮨なかむら トロ

 

ウニです。

なまぐささ、苦みなど一切感じられず、ウニ本来の甘みと磯の香りが口に広がります。

ウニ嫌いな方でも食べれるのではないでしょうか?

鮨なかむら ウニ

 

箸休めに油揚げとねぎの味噌汁をいただきます。

ここからラストスパートです。

鮨なかむら お味噌汁

 

しめ鯖が出てきました。

ほんのりピンクがかった美しいサバです。

しめ具合も程よく、人生で一番おいしい鯖でした!

鮨なかむら しめ鯖

 

あなごです。

ふんわりしていて、口に入れた瞬間とろけていきました。

鮨なかむら あなご

 

最後は鮨屋お馴染みの玉ですね。

こちらの卵はかなり甘く、デザート感覚で頂けそうです。

鮨なかむら 玉

 

これでコースは終わりでしたが、何かにぎりましょうか?と聞かれ、ついついかんぴょう巻きをオーダー。

かんぴょう巻きはワサビ多めでいただくと絶品ですよ!

今度ぜひ試してみてください。笑

鮨なかむら かんぴょう巻き

 

以上で全品終了です。

一品ものが9品、お寿司が11巻、箸休めに玉、追加オーダーのかんぴょう巻きを合わせると、なんと全部で23品ものお料理をいただいたことになります。

 

こんな素晴らしいお店をアメックス会員貸し切りで利用できるなんてすばらしすぎます!

お会計は一人3万円と高額でしたが、それに見合うどころかお値段以上の料理を楽しませてもらいました。

 

他のお店も名店ぞろいだと思いますので、アメックス・プラチナカード会員の方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、ファイン・ダイニング 50で鮨なかむらを体験してみた感想でした!

 

アメックス・プラチナに興味が出た方は、とーみねから招待できますのでよろしければ!

20代でアメックス・プラチナにWEBフォームから突撃した結果10秒で審査を通過した話

Follow me!