ダイナースクラブカードにコンパニオンカードが登場!ダイナース会員はプラチナカード以上のランクのMastercardを無料で発行可能!?

先日格安のプラチナカードで世間を騒がせていた三井住友トラストクラブさんですが、今回もなかなか衝撃的な発表をしてくれました!

 

なんと、ダイナースクラブカードにコンパニオンカードという新サービスが登場しました!

コンパニオンカード?何それ?といった感じでしょうか。

 

実はこのコンパニオンカードは、ダイナースクラブカードの会員が無償で発行可能なMastercard(マスターカード)となっています!

ダイナースクラブカード会員であればプラチナランクのMastercard、ダイナースクラブプレミアムカード会員であればワールドエリートクラスのMastercardをそれぞれ無料で発行可能なのです。

 

どうですしょうか?

聞いただけで凄いサービスな気がしませんか?

それでは今回はこのコンパニオンカードについて詳細をご説明していきたいと思います。

 

コンパニオンカードとは

コンパニオンカード

出典:[重要なお知らせ]<新サービス> ダイナースクラブ コンパニオンカードについて[2019年7月23日開始予定]

 

コンパニオンカードは、世界最大のネットワークを誇るMastercard®を無料で利用することができるダイナースクラブの新サービスです。

 

ダイナースクラブカード会員の場合は、Mastercardのプラチナグレードのステータスを備えた「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が無料で発行可能です!

 

なんと、ダイナースクラブ プレミアムカード会員の場合は、Mastercardの最上位のステータスを備えた「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が無料で発行可能です!

 

「TRUST CLUB プラチナマスターカード」は単体で申し込んだ場合、年会費は3,000円(税抜)ですが、「TRUST CLUB ワールドエリートカード」に至っては130,000円(税抜)もの年会費が発生します。

ダイナースクラブカードを持っていれば、この高額な年会費が無料で発行できるというのですから素晴らしいの一言につきます!

とーみねもかなり欲しいです、、

 

ちなみに、ワールドエリートカードのクラスのMastercardとして有名なものとしては、アプラス社が発行するラグジュアリーカードなどがあります。

ラグジュアリーカード

 

このコンパニオンカード決済した場合のポイントは、ダイナースクラブ リワードプログラムに自動で合算されます!

コンパニオンカードの使用分に関しても、ダイナースクラブカードの利用分と一緒に請求されるので管理が簡単です!

※ご利用代金明細はカードごとに表示されるようです

 

コンパニオンカードのメリットとは?

考え込む女性

 

続いては、コンパニオンカードのメリットについて解説していきたいと思います。

 

Taste of Premium®が利用可能

Taste of Premium®

 

コンパニオンカードはMastercardです。

なので、ダイナースクラブカードの会員でありながら、Mastercardに付帯するサービスである「Taste of Premium®」が利用できるということになります!

 

「TRUST CLUB ワールドエリートカード」では18種類、「TRUST CLUB プラチナマスターカード」では8種類の特典が利用できます!

 

ダイナースが利用できないお店・サービスが利用可能

海外ではダイナースカードが使えないお店は珍しくありません。

そういったお店でも、このコンパニオンカードがあれば、Mastercardの利用でダイナースのリワード・ポイントをためること可能です!

 

また、国内で利用でもコンパニオンカードは輝きます!

今では、数多くのプリペイドカードやコード決済が国内で幅をきかせていますが、どこもかしこもVM、VM、、

ダイナースユーザは苦渋を舐める日々でした。

※VM = VISA、Mastercard

 

しかしながら、このコンパニオンカードの登場で、みんな大好き「Kyash」や「Origami Pay」でもリワード・ポイントをためることができるようになります!

 

コンパニオンカードのデメリットとは?

デメリット

 

さて、全てが素晴らしいように見えるコンパニオンカードですが、デメリットというか注意点のようなものも見えてきました。

 

コンパニオンカードのポイント還元率が低い

どうも説明を読んでいると、コンパニオンカードの還元率がすこぶる悪いような気がしています。

公式アナウンスにあったコンパニオンカードの還元率とダイナースカードの還元率を比較してみたいと思います。

 

ダイナースクラブプレミアムカード コンパニオンカード(ワールドエリート) ダイナースクラブカード コンパニオンカード(プラチナ)
ポイント還元 100円 = 2ポイント 100円 = 1ポイント 100円 = 1ポイント 200円 = 1ポイント
還元率 2.0% 1.0% 1.0% 0.5%

 

うーん、コンパニオンカードの還元率がすこぶるよくないです。

ダイナースカードと比較すると、実質ポイント還元率は50%減ですね。

 

ここまで違うと看過できないレベルだと思います。

サイフからダイナースかどを抜くことはやはり難しそうです。

 

提携ダイナースカードにコンパニオンカードはない

注意書きをよく読んでみると下記のような記載があります。

航空会社や各社との提携カード、銀座ダイナースクラブカード、ビジネスカード、SMBC信託銀行との提携で発行されたカード、ビジネス・アカウントカードには付帯できません。
なお、コンパニオンカードは本会員・家族会員 各1枚付帯できます。

引用:[重要なお知らせ]<新サービス> ダイナースクラブ コンパニオンカードについて[2019年7月23日開始予定]

 

提携カードはコンパニオンカードのサービス対象外のようです、、

なので、とーみねの持っているANA提携カードも対象外のようですね、、

 

とまあ、色々と書きましたが、サービスとしては向上しているとみて間違いないので、今後もダイナースには目が離せないのでした。

 

以上、ダイナースクラブカードにコンパニオンカードが登場した件についてでした。

 

プラチナカードやブラックカードに興味がある方は、こちらの情報も合わせてどうぞ!

全5大ブランドのブラックカード・プラチナカードとは?高ステータスカードの魅力にせまる!

Follow me!