WordPress 5.0.2が公開!メンテナンスアップデートでブロックエディタ(Gutenberg)が改善!

2018/12/19にWordPress 5.0.2が公開されたため、簡単に告知しておきたいと思います。

こちらがお待ちかね、新エディタであるブロックエディタ(Gutenberg)の機能改善のための更新です。

 

お得情報や投資情報をお求めの皆様には申し訳ありません。

無視していただけると幸いです。

 

ではWordPress 5.0.2のアップデート内容を見ていきましょう!

 

WordPress 5.0.2の位置づけ

見出しのとおり、WordPress 5.0.2は位置づけとしてはマイナーバージョンアップとなります。

 

マイナーバージョンアップ?という方のために少し踏み込んで説明します。

WordPressのバージョン情報は 「4.9.7」といった小数点で区切られた3つの数字で構成されています。

仮にバージョン情報を「X.X.Y」とおくと、Y部分の数字が上がることをマイナーバージョンアップX部分の数字が上がることをメジャーバージョンアップと呼びます。

前2つの数字はメジャーバージョン、後ろ1つの数字はマイナーバージョンを指す

 

マイナーバージョンアップでは、WordPressのバグ修正やセキュリティ強化等がメインとなるため、操作感はあまり変わりません。

一方メジャーバージョンアップでは、機能の追加や管理画面のデザイン修正が行われたりするため、操作感に影響がでる場合があります。

 

先日のWordPress 5.0はまごうことなきメジャーバージョンアップでした。

WordPress 5.0については、こちらの記事を見てみてください。

衝撃に備えろ!WordPress 5.0では新エディタ「Gutenberg」が採用され旧エディタは廃止!?

 

WordPress 5.0.1のアップデート内容

WordPress 5.0.2はタイトルの通りメンテナンスアップデートとなり、バグの修正、機能改善がメインとなります。

セキュリティアップデートではないため、そこまで急ぐ必要はないですが、アップデートしない理由もないのでお時間があるときにアップデートすることをお勧めします。

※マイナーアップデートをOFFにしていなければ自動で更新されます

 

下記公式からの抜粋となります。

引用:WordPress 5.0.2 Maintenance Release

 

内容ですが、基本的にはブロックエディタ(Gutenberg)のバグ修正と機能改善がメインとなっています。

全体でのバグが73件、内ブロックエディタ関連の修正が45件です。

ブロックエディタ関連の修正が45件については、内14件がパフォーマンス改善、31件がバグの修正のようです。

 

今回の改修でブロックエディタもだいぶ落ち着いてきたと思うので、皆さんもWordPress 5.0系のアップデートを真剣に考えていいと思います。

ちなみに、とーみねのブログはすでにWordPress 5.0.2にアップデート済みです。

Follow me!