【2020年2月】つみたてNISA成果報告!新型コロナの影響はひどいが「まだ慌てるような時間じゃない」

毎度おなじみ、つみたてNISAの成果報告をするコーナーです。

 

先日のロボアド報告では、新型コロナの影響で成果は芳しくない状況でしたが、NISAの方ははたしてどうか?

これまでの経験では、つみたてNISAの方が収益の浮き沈みが激しかったので、かなり不安ではあります、、

いや、むしろ不安しかありませんが、だからこそしっかりと確認しておきたいところですね、、

 

さて、ではいつもの説明です。

とーみねは楽天証券tsumiki証券で積み立てを行っているので、2種類の投資の成果報告となります。

ちなみに、NISA口座自体は楽天証券で開設しているので、とーみねのtsumiki証券の口座はNISA口座ではありません。

ですが、NISA口座として開設することも可能なので、tsumiki証券で口座を解説しようとしている方はとーみねの実績も参考にしてみてください。

 

つみたてNISAってなーに?という方はこちらを参考にしてみてください。

NISAで始める資産形成!NISAでほったらかし投資

 

さて、2020年最初となる2月のつみたてNISAはどうなっているでしょうか?

張り切っていってみましょう!

 

楽天証券の成果報告

それでは成果報告に移ります。

楽天証券つみたてNISAの2020年2月の成果は、、、こちらです!

 

楽天証券 つみたてNISAの保有銘柄の資産状況

楽天証券 保有銘柄

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 33,000円(途中から変更)
ボーナスの積立額
経過年月 26カ月
累計積立額 834,000円
資産合計 853,572円
評価損益 +19,572円

 

予想はしていましたが、がっつり落ちました。笑

先月1月の報告時点で、評価損益が+66,611円だったことを考えると、3分の1以下への下落ですね。

色々な意味で、新型コロナのアレコレが収束することを祈っております、、

 

ちなみに、NISAについては、正直マイナスも覚悟していたのですが、なんとかプラスで踏みとどまっているようです。

ただ、来月3月の報告時点でどう転んでいるか、、

引き続き注意しながら見守っていければと思います。

 

積み立てNISAでザクザク楽天ポイントを貯めて行きたい方は、是非とも楽天証券を利用されてはいかがでしょうか?




tsumiki証券の成果報告

tsumiki証券 積み立て投資の2020年2月の成果は、、、こちらです!

 

tsumiki証券 保有銘柄の資産状況

tsumiki証券 保有銘柄

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 20,000円
ボーナスの積立額 なし
経過年月 17カ月
累計積立額 340,000円
資産合計 324,974円
評価損益 -15,026円

 

きました!

久しぶりのマイナスです。笑

前回1月の報告時の評価損益は+19,043円だったので、約180%マイナスとなります。

まあ、ひふみプラスはほとんどが国内株式で構成されているため、仕方がないと言えば仕方がないですね。

株が安く買えるということは、こっちはこうなっているというわけです。

 

積み立て投資全体収支

サービス名 評価損益
楽天証券(NISA) +19,572円
tsumiki証券 -15,026円
合計 +4,546円

 

tsumiki証券は大幅マイナスだったものの、楽天証券側がなんとか持ちこたえたので、収支はプラスという結果です。

大分下がりましたけど、それでもまだプラスはプラス。

「まだ慌てるような時間じゃない」

仙道さんならきっとそうおっしゃるはず。

 

まあでも、3月の報告時はちょっと危なそうですねぇ、、

引き続きほったらかしつつ、成果をウォッチしていきたいと思います。

 

以上、2020年2月のつみたてNISA成果報告でした。

 

とーみねはつみたてNISAの他にも投資をしています!

つみたてNISAと比べてリスクは高いですが、リターンもそこそこ期待できるロボアドについてはこちら。

ロボアドを利用したほったらかし投資「WealthNavi」「楽ラップ」を徹底解説!

Follow me!