【2020年1月】つみたてNISA成果報告!2020年のスタートはいかに!?

毎度おなじみ、つみたてNISAの成果報告をするコーナーです。

 

2020年はロボアドと共に最高の幕引きとなったつみたてNISAですが、2020年1月の成績はいかほどでしょうか。

新型コロナウイルスによって多少市場に影響が出ているので不安もありますが、ロボアド同様大した影響もないのではないかという期待もあります。

まさに不安と期待が入り混じる状態ですね。

 

さて、ではいつもの説明です。

とーみねは楽天証券tsumiki証券で積み立てを行っているので、2種類の投資の成果報告となります。

ちなみに、NISA口座自体は楽天証券で開設しているので、とーみねのtsumiki証券の口座はNISA口座ではありません。

ですが、NISA口座として開設することも可能なので、tsumiki証券で口座を解説しようとしている方はとーみねの実績も参考にしてみてください。

 

つみたてNISAってなーに?という方はこちらを参考にしてみてください。

NISAで始める資産形成!NISAでほったらかし投資

 

さて、2020年最初となる1月のつみたてNISAはどうなっているでしょうか?

張り切っていってみましょう!

 

楽天証券の成果報告

それでは成果報告に移ります。

楽天証券つみたてNISAの2020年1月の成果は、、、こちらです!

楽天証券 つみたてNISAの保有銘柄の資産状況

楽天証券 保有銘柄

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 33,000円(途中から変更)
ボーナスの積立額
経過年月 24カ月
累計積立額 801,000円
資産合計 867,611円
評価損益 +66,611円

 

プラスではあるものの、評価益は前月を下回る結果となりました。

ポートフォリオを確認した結果、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の評価益が前回より4,000円ほど下がっていることが分かりました。

新興国株式インデックスの柱は中国株、構成比率でいうと30%近くになります、、

やはり新型コロナウイルスが影響しているようですね、、

 

積み立てNISAでザクザク楽天ポイントを貯めて行きたい方は、是非とも楽天証券を利用されてはいかがでしょうか?




tsumiki証券の成果報告

tsumiki証券 積み立て投資の2020年1月の成果は、、、こちらです!

tsumiki証券 保有銘柄の資産状況

 

tsumiki証券 保有銘柄

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 20,000円
ボーナスの積立額 なし
経過年月 16カ月
累計積立額 320,000円
資産合計 339,043円
評価損益 +19,043円

 

こちらも、プラスではあるものの、評価益は前回を下回る結果となりました。

ひふみプラスについては、ほとんどが国内株式で構成されているため、新型コロナウイルスによる中国株急落の影響を直接受けてはいませんが、全く影響がないわけでもないようです。

国内株も大幅調整となっているようなので、しばらくは注意が必要かもしれません。

 

まあ、国内株については巻き添えを受けてる形だと思うので、そのうち戻るとは思うんですけどねぇ、、

買い増すべきか、、ここでもまた悩みます、、

 

積み立て投資全体収支

サービス名 評価損益
楽天証券(NISA) +66,611円
tsumiki証券 +19,043円
合計 +99,644円

 

楽天証券、tsumiki証券共にプラスだったので、積み立て投資全体でもプラスすね!

前月の評価益は下回ったものの、これでもプラスはプラス。

2020年の滑り出しとしてはまずまずではないでしょうか。

 

引き続きほったらかしつつ、成果をウォッチしていきたいと思います。

 

以上、2020年1月のつみたてNISA成果報告でした。

 

とーみねはつみたてNISAの他にも投資をしています!

つみたてNISAと比べてリスクは高いですが、リターンもそこそこ期待できるロボアドについてはこちら。

ロボアドを利用したほったらかし投資「WealthNavi」「楽ラップ」を徹底解説!

Follow me!