この度、三井住友カードからナンバーレスのゴールドカードが発表されました。

その名も、「三井住友カード ゴールド(NL)」。

 

今年の2月に公開された「三井住友カード(NL)」上位互換にあたるカードですね。

三井住友カードからNL(ナンバーレス)カードが登場!年会費永年無料でコンビニが最大5%還元!?

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

出典:三井住友カード

 

年会費(税別) 家族カード(税別) ETC(税別)
5,000円※ 無料 500円※
国際ブランド ポイント名 還元率
Visa/Mastercard Vポイント 0.5%

※年間100万円の利用で、翌年度以降年会費無料

 

名前のまんま、三井住友カードが発行するナンバーレスカードのゴールドカードです。

今年2月に通常カードが出たばかりなのに、すさまじいスピード感ですね!

 

ぱっと見は、三井住友カード ゴールドと同じですが、このカードについても通常のNLカードと同様に、表にも裏にもカード番号が記載されていません。

カード番号が書いていないということは、お店で人に渡してもカード番号を盗み見される心配がないわけですね。

 

本カードの大きな特徴は下記の2点

  • 年間100万円の利用で、翌年度以降のカード年会費が無料
  • 年間100万円の利用で、ボーナスとして10,000ポイント還元

三井住友カード ゴールド(NL) 100万円利用時の特典

出典:三井住友カード

 

年会費5,500円とお手頃な価格が設定されているこのカードですが、年間100万円の利用で翌年以降のカード年会費が無料となります。

この特典のミソは、条件達成時に翌年以降の年会費が無料となる点。

翌年以降ということは、一回でも年間100万円以上決済してしまえば、永年年会費の支払いが必要ないということになります。

つまり、年会費無料のゴールドカードといってしまっても過言ではないと思います。

 

また、同じく年間100万円の利用で、10,000ポイントが還元される特典も用意されています。

100万円利用で10,000ポイント還元ということは還元率は1.0%。

通常のカード決済の場合、還元率は0.5%となるので、年間100万ジャストカードを利用した場合、このカードの還元率は1.5%になります。

 

年会費無料で1.5%還元というと、エポスゴールドを彷彿とさせます、、

エポスゴールドも年間100万の決済を一度でも達成すると年会費が永年無料となります。

また、年間100万円のカード利用で、10,000ボーナスポイントをもらうことができます。

 

・・・あれ、本当にほとんど一緒ですね、、

これは完全にエポスゴールドを仮想敵として作られた感じがします。

来年くらいにはプラチナのNLカードとか出てきそうな勢いです。

 

ちなみに、通常のNLカードに付帯していた特典も健在!

「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「マクドナルド」でのカード利用はこのカードでも5%還元です。

コンビニ3社やマクドナルドでの特別還元

出典:三井住友カード

 

上記4店舗でのみのカード利用で年間100万決済を達成した場合、ボーナスポイント10,000ポイントに加えて50,000ポイントがもらえるので、100万の利用で60,000ポイントもらえることになります。

理想論ですが、上記達成できればこのカードの還元率は6.0%に高まります。

夢がありますねぇ。

 

年間100万円の利用に含まれる支払い・含まれない支払い

さて、この三井住友カード ゴールド(NL)ですが、年間100万円利用できるかどうかが大きなポイントとなってきます。

そうなると気になってくるのが、100万円の利用に「含まれる支払い」「含まれない支払い」

ついでにこちらも少し解説していきたいと思います。

 

100万円の利用に「含まれる支払い」

まずはポジティブな方から。

100万円の利用に「含まれる支払い」についてですが、実はこちらは三井住友カードから公式に公表されています。

  • 家族カード
  • 税金・公共料金のお支払い
  • 楽天ペイ
  • ローソンスマホレジ
  • Apple Pay
  • au Pay
  • ETC
  • Google Pay™
  • iD
  • Kyash
  • LINE Pay
  • Mastercardコンタクトレス決済
  • PayPay
  • Visaのタッチ決済

引用:三井住友カード

 

 

個人的に以外だったのがKyash

この辺は明記しないと思っていただけに意外でした。

やはりKyashは優秀!串※の役割をしっかり果たしていますね。

※串=中継の意味

 

100万円の利用に「含まれない支払い」

次はネガティブな話題。

こちらは基本的にほとんど明記されていません。

唯一明記されているのがこちら。

  • 下記ご利用はご利用金額の集計対象となりません。
    年会費(クレジットカード、ETCカード、PiTaPaカード)、三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
    キャッシングリボ、海外キャッシュサービス、その他ローンの返済金、リボ払い・分割払い手数料、
    交通系含む電子マネーへのチャージ、弊社発行プリペイドカードへのチャージ、スマートフォンアプリ「Vポイント」へのチャージ、
    国民年金保険料、提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料

引用:三井住友カード

 

概ね予想通りですが、意外だったのが「三井住友カードつみたて投資(SBI証券)」

2021年7月頃から三井住友カードでの投資信託の購入が可能となったのですが、こちらは100万円の利用に「含まれない支払い」とのこと。

エポスカードの方では、投資信託の購入も100万円の利用に含まれる支払いだったので、正直驚きました。

 

後、注意する点としては、一括りで表現されている「交通系含む電子マネーへのチャージ」

何が対象で何が対象でないのかが不明瞭なので、チャージについては前述したKyashを経由する形をとった方がいいでしょう。

特に今流行のトヨタウォレットについては、同社発行のプリペイドカードとなるため、恐らく100万円の利用に「含まれない支払い」に分類されると思われます。

 

新規入会キャンペーン

最後に三井住友カード ゴールド(NL)の新規入会キャンペーンを紹介しておきます。

2021年7月1日~2021年9月30日までにカード入会すると、下記2件の特典があります。

  • 初年度年会費無料
  • カードご入会月+2ヵ月後末までの期間、カードの利用で最大15%還元

 

2つ目の還元キャンペーンについては、適用されるかどうかいくつかの条件がありますので、こちらのページをよくチェックしてください。

とーみねは、三井住友カード(NL)を保持しているので、15%還元キャンペーンは適用されません。

(基本、三井住友カード(NL)を持っている方は還元キャンペーンの方は対象外と思っておいた方がいいかもしれません)

 

 

以上、ナンバーレスのゴールドカード「三井住友カード ゴールド(NL)」が新登場!エポスゴールドの対抗馬となる年会費無料の1.5%還元カード!?でした。

 

Follow me!