au PAYへのチャージに最適なクレジットカードは何?合計還元率は2.0%も狙える!

昨日の記事で、各コード決済の還元率についてランキング付けをしましたが、今回はその中でもau PAYに焦点を当ててお話ししようと思います。

【2021年5月以降】現時点で一番得するQRコード決済(ペイアプリ)はどれ?主要5アプリを徹底比較!

 

まあ、上の記事でも簡潔には説明したので、改まって記事にする必要もないかと思いましたが、一応念のためということで。

 

それでは張り切っていってみましょう!

 

 

au PAYとは

au Pay バナー

出典:au PAY

 

「au PAY」はKDDI株式会社が打ち出した新たなコード決済アプリです。

利用者は支払額の0.5%の還元をPontaポイントで受けることができます。

 

au PAYの利用にはチャージが必要となりますが、「銀行口座からのチャージ」「クレジットカードからのチャージ」が使えるのでなかなかに便利です。

また、チャージしすぎたとしても、残高はau PAY プリペイドカードと共通となるため、プリペイドカードとしても使えて安心です!

 

au PAYへのチャージに最適なクレジットカード

さて、それでは本題です。

最適とまで言ってしまってよいかは少々疑問が残りますが、au PAYへのチャージで高還元を受けることができるクレジットカードを2枚ほどご紹介したいと思います。

 

TカードPrime(プライム)

Tカード Prime

 

年会費(税別) 家族カード(税別) ETC(税別)
1,250円※1 無料
国際ブランド ポイント名 還元率
Mastercard Tポイント 1.0%

※1 初年度無料。次年度以降も年間1回以上のカードショッピング利用で翌年無料。

 

1枚目のご紹介は、アプラスさんが発行する「TカードPrime(プライム)」です。

このカード自体の還元率は1.0%といたって標準的なのですが、実は一つ大きな特徴があるのです。

 

その特徴は、日曜日にTカード Prime(プライム)で決済した場合、還元率が1.5%(200円につき3ポイント)になるというもの!

au PAYへのチャージで1.5%還元、au PAYの利用で0.5%還元なので、こちらも合計は2.0%還元となります。

 

特定の日にカードを使うという制約については、本来その日のカード利用でしか恩恵を受けることができませんが、au PAYのような事前にチャージをして使用するものと組合わせるとその本領を発揮します。

なんせ、日曜日にまとめてチャージをするだけでいいので相性抜群ですよね。

 

一応、きちんと1.5%還元されていることも確認しておきました。

下記の例では、3,000円の決済で、決済額の1.5%にあたる45ポイントが還元されています。

TカードPrimeの利用明細

 

TカードPrimeによる1.5%還元

 

エポスゴールド

エポスゴールド

 

年会費(税込) 家族カード(税込) ETC(税抜)
無料 無料※ 無料
国際ブランド ポイント名 還元率
VISA エポスポイント 0.5%

※ エポスファミリーゴールドカードを年会費無料で作成可能(審査あり)

 

1枚目のご紹介は、エポスカードさんが発行する「エポスゴールド」です。

このカード自体の還元率は0.5%となっており、普通というかむしろ少し良くない感じです。

 

しかしながらこのカード、実は年間100万円以上決済すると10,000ポイントのボーナスポイントがもらえるという特典があるのです。

なので、年間100万ジャストカードを使う場合に限り、このカードの還元率1.5%へと昇華するのです!

au PAYへのチャージで1.5%還元、au PAYの利用で0.5%還元なので、こちらも合計は2.0%還元となります。

 

TカードPrimeでは、1.5%還元でチャージする場合、日曜にチャージすることが必須となりますが、エポスゴールドにはチャージタイミングの制約はありません。

その代わりに年間の利用額に制約がある感じですね。

まあ、どちらも一長一短ですので、好みに合う方のカードでチャージをすればいいと思います。

 

ちなみに、エポスゴールドでのau PAYチャージでエポスポイントが還元されることは確認しています!

エポスゴールドによる1.5%還元

 

以上、au PAYへのチャージに最適なクレジットカードは何?合計還元率は2.0%も狙える!でした。

 

皆様もこれを機にau PAYを是非使ってみてください!

Follow me!