ポイ活していない人は1年で30万円損してる!?2018年度に とーみね がためたポイント・ANAマイルを大公開!

皆さんポイ活してますでしょうか?

とーみねのブログを読んでくださってる方で、全くポイ活していないという方は稀だと思います。

 

しかしながら、たまたまこの記事に来てくださった方の中には、全くポイ活できていないという方もいるかもしれません。

 

そこで、今回はとーみねが2018年にポイ活で稼いだポイントの記録を一挙に公開し、ポイ活をしていないとどの程度損をしているのかをお伝えしたいと思います!

 

ポイ活

ポイントカード

 

まず初歩的なところからです。

「ポイ活」とは「ポイント活動」の略です。

 

ポイントといえば誰しもが1種類くらいは集めたことがあるのではないでしょうか?

例えば、ファミリーマートのTポイント、ローソンのポンタポイント、楽天市場の楽天ポイント等が該当します。

とーみねの集めているANAマイルなんかもポイントに分類してしまっていいと思います。

 

では、ポイ活(ポイント活動)とは何か?

文字通りポイントを集めるために積極的に活動するという意味です。

 

要は、「気づいたらポイントたまってた~」みたいな受け身な姿勢は止め、「今月は○○ポイントためた!」というように自ら行動するということです。

そして、たまったポイントを使うことで、本来発生する出費を相殺する節約術です。

 

本来発生するはずだった出費を抑えるという「守りの節約」に対して、ポイ活は「攻めの節約」になります。

 

どうやってポイントを稼ぐ(ポイ活する)のか

考え込む女性

 

さて、ではどのようにしてポイントを稼げばいいか?

とーみねがこの問に対して回答するとすれば、次のように回答します。

 

「①時間を使ってポイントを稼ぎなさい」「②現金払いを止めなさい」です。

 

時間を使ってポイントをためる

まずは「時間を使ってポイントをためる」とはどう意味かを説明したいと思います。

 

文字通り自分の時間を使ってポイントをためるのです。

代表的なポイントをためる方法は「ポイントサイト」の利用です。

 

ポイントサイトには、日々多くの企業から集まる大量の広告が掲載されています。

その広告に書かれた条件を達成することでポイントがもらえる仕組みです。

広告には「アンケートに答える」「動画を見る」「スマホアプリをインストールする」といった単純なものから、「クレジットカードの発行」「FX口座の開設」といった高難易度のものまで様々なものがあります。

 

クレジットカードを発行する広告を例としましょう。

「楽天カード」をハピタスというサイトで申し込むと、7,000ハピタスポイントがもらえます。

楽天カードの広告

※7,000ハピタスポイントは、2018年5月時点での報酬です

 

上の例では、「クレジットカードを発行する」という作業をしています。

これは、自分の時間を切り売りした対価として、ポイントという報酬をもらっていることとなります。

要はバイトと同じですね、、

 

ポイントサイトについては、下記記事でも紹介しているのでよければどうぞ。

1年で20万ANAマイルは簡単にたまる!マイルをためる7つのポイントを徹底解説!

 

メリット

クレジットカード発行の例を見てもらえばわかると思いますが、ポイントサイトの広告には高額な報酬が設定されているものも数多くあります。

還元率1%のクレジットカード決済でポイントをためる場合、7,000ポイント貯めようと思うと70万円の支払いが必要になります。

 

 

デメリット

前述した通り、自分の時間を使った作業が必要となります。

効率的にやらないとバイトした方がいいのでは?みたいな感じになってしまいます。

まあバイトと違って、自分の好きな時間だけ活動できるというメリットはありますが、結局のところ「時間を使ってポイントをためている行動」に他ならないと思います。

 

また、「クレジットカードを作りたいので、ポイントサイトを利用してお得にカードを発行した」であればいいのですが、「ポイントが欲しいのでクレジットカードを発行した」となると目的と手段が逆転してしまっています

ポイント獲得のためにいらないカード申し込みや口座開設をしてしまっていては本末転倒です。

 

 

現金払いを止めてポイントをためる

現金払いを止めるとなぜポイントがたまるのか?

答えは簡単です。

 

クレジットカードをはじめとする、様々なキャッシュレス決済(現金を使わない支払い)では、その支払い手段ごとに様々なポイント還元が用意されています。

 

例えば、皆さんよく聞く「楽天カード」では、100円の支払いあたり1楽天スーパーポイントがもらえます。

還元率1%か、、大したことないな、、と思われたかもしれません。

実際大したことありませんが、チリも積もれば山となるという言葉があるように、これが案外バカにできません。

 

メリット

ポイントサイトの利用と違い現金払いを止めるだけなので、時間を使わずにポイントをためることができます。

実はこれはそんなに難しくないです。

 

何を隠そう、とーみねも2年前まではバリバリの現金派で、クレジットカードも楽天カードしか持っていませんでした。

なので、現金派の方も割と簡単にキャッシュレス派に変わることができると思います。

 

デメリット

支払いの還元でもらえるポイントは、ポイントサイトのそれと比べるとやはり少ないです。

多少時間を使ってもいいので、短時間でがっつりポイントを稼ぎたい方は、ポイントサイトの利用と併用するといいでしょう。

 

2018年のポイ活記録

ではお待ちかねです。

2018年のとーみねポイ活記録を公開したいと思います!

 

ポイント名 ②でためた
ポイント
①でためた
ポイント
楽天スーパーポイント 47,541 なし
Tポイント 2,375 25,000
LINEポイント 2,282 2,6900
JRキューポ 10,029
(24,629 ※1)
なし
ANAマイル 6,449 43,725
Pontaポイント 156 なし
ビックポイント 49,091 なし
マリオットポイント 27,350
(82,051 ※2)
なし
Kyash 4,258 なし
Origami Pay 2,038 なし
PayPay 40,880 なし
OkiDokiポイント 9,180
(1,836 ※3)
なし
合計 201,629 95,625

※1 14,600ポイントはLINEポイントへの交換に使用
※2 マリオットポイントは3ポイント=1円程度の価値で換算
※3 OkiDokiポイントは1ポイント=5円程度の価値で換算

 

2018年にポイ活でためたポイントの総額は、297,254ポイントでした!

これほどたまっているとはとーみねも驚きました、、

 

証拠というわけではないですが、いくつかポイント確認画面をのせておこうと思います。

たまったそばから使っているので、多少減っているものもありますが、ご愛嬌ということで、、

マリオットポイント

 

楽天ポイント

 

Tポイント

 

JQポイント

 

 

LINEポイント

 

ANAマイル

 

30万円分節約するのはかなり大変ですが、ポイ活で30万ポイントためるのはそう難しくはなかったです。

皆さんも2019年は節約のために「ポイ活」始めてみてはいかがでしょうか?

 

年間30万ポイントためたとーみねがお勧めするクレジットカードはこちらから!

【2018年度版】陸マイラーとーみねがおすすめするお得なクレジットカード!マイルもポイントもザクザク!

 

Follow me!