毎度おなじみ、つみたてNISAの成果報告をするコーナーです。

 

最近忙しすぎて、全然ブログが書けません「でした」。

そう、「でした」です。

忙しかったのは過去形で、今ほどほど落ち着いて、本当なら記事の1つや2つ書ける程度の余裕がありました。

 

が、ここにきて とーみね はオセロニアというゲームにハマってしまいました、、

なんと、ブログを書く間も惜しんで、オセロに没頭することに、、

ブログを楽しみにしている方々には本当に申し訳ない、、全部オセロニアが悪いのです、、

 

ということで、オセロニアで「とーみね」という名のへっぽことあたった方はお手柔らかに、、

オセロニア

 

大分脱線しましたね、、

さて、ではいつもの説明です。

とーみねは楽天証券tsumiki証券で積み立てを行っているので、2種類の投資の成果報告となります。

ちなみに、NISA口座自体は楽天証券で開設しているので、とーみねのtsumiki証券の口座はNISA口座ではありません。

ですが、NISA口座として開設することも可能なので、tsumiki証券で口座を解説しようとしている方はとーみねの実績も参考にしてみてください。

 

つみたてNISAってなーに?という方はこちらを参考にしてみてください。

NISAで始める資産形成!つみたてNISAでほったらかし投資

 

さて、2021年1月のつみたてNISAはどうなっているでしょうか?

張り切っていってみましょう!

 

楽天証券の成果報告

それでは成果報告に移ります。

楽天証券つみたてNISAの2021年1月の成果は、、、こちらです!

楽天証券 つみたてNISAの保有銘柄の資産状況

楽天証券 保有銘柄

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 33,000円(途中から変更)
ボーナスの積立額
経過年月 37カ月
累計積立額 1,197,000円
資産合計 1,528,273円
評価損益 +331,273円

 

先月に引き続き、今月の評価損益もプラスでした。

先月は評価損益+22万で、今月は+33万。

世の中おかしいことばかりです。笑

 

現在の株価などは、ワクチン接種でのコロナ収束までを織り込んだ数字となっていると思われます。

このまま目論見通りことが運べば、株価と実体経済の乖離も徐々になくなっていき、事なきを得るでしょう。

しかしながら、ワクチンがコロナの変異種に効果がでないなど、現在の株価に織り込まれていないマイナス要素が出てくれば、今のコロナバブルは弾けてしまう可能性もあります。

ここが引き時か、そろそろ選択を迫られる場面かもしれませんね。

 

積み立てNISAでザクザク楽天ポイントを貯めて行きたい方は、是非とも楽天証券を利用されてはいかがでしょうか?




tsumiki証券の成果報告

tsumiki証券 積み立て投資の2021年1月の成果は、、、こちらです!

 

tsumiki証券 保有銘柄の資産状況

tsumiki証券 保有銘柄の資産状況

 

初期投資額 0円
毎月の積立額 年12回 30,000円
※2020年5月から10,000円追加
ボーナスの積立額 なし
経過年月 28カ月
累計積立額 640,000円
資産合計 813,066円
評価損益 +173,066円

 

tsumiki証券についても、先月に引き続き今月もプラスです!

まあ、楽天証券の成果報告で書いた通り、先行き不安ではありますけどね、、

 

ポイント投資側は、10%の利益が出たら利確してしまおうと思っているのですが、なかなか10%に到達しない、、

なんとも歯がゆい状況です。

エポスポイント投資

 

積み立て投資全体収支

サービス名 評価損益
楽天証券(NISA) +331,273円
tsumiki証券 +173,066円
合計 +504,339円

 

楽天証券はプラス、tsumiki証券がプラスでしたので、1月の収支はプラスでした。

今月はロボアドが36万プラスでしたので、NISAと合わせると86万のプラスです!

このままいけば、100万のプラスもあり得そうです。笑

2021年も滑り出しは順調で何よりです。

お願いですから何も起きませんように。(フラグ)

 

以上、2021年1月のつみたてNISA成果報告でした。

 

 

とーみねはつみたてNISAの他にも投資をしています!

つみたてNISAと比べてリスクは高いですが、リターンもそこそこ期待できるロボアドについてはこちら。

ロボアドを利用したほったらかし投資「WealthNavi」「楽ラップ」を徹底解説!

Follow me!