KyashからモバイルSuicaへのチャージは2%キャッシュバック対象外!?Kyashに代わるSuicaチャージャーを考察!

2019年2月1日

KyashからモバイルSuicaへのチャージがキャッシュバック対象外になる告知が出されました。

 

思わず、即刻ツイートしてしまいました。笑

 

と、ここで終わっては陸マイラーとしての名がすたります。

今回はKyashに代わるSuicaチャージについてご紹介していきたいと思います。

 

その1:ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

 

こちらはさすがに皆さんにご存知でしょうか?

泣く子も黙る簡易Suicaチャージャーの代名詞「ビックカメラSuicaカード」となります。

このカードですが、なんとSuicaへのチャージで1.5%のポイント還元受けることができます!

※1,000円につき15 JRE POINTが還元されます

 

ビックカメラSuicaカードのメリット

直接のチャージで1.5%還元

Kyashを使ってSuicaチャージする場合には、Kyashにクレジットカードを紐づけて置いたり、あらかじめKyashへのチャージが必要となっていました。

Kyash × Suica フロー図

 

この絵を見た瞬間難しそう、、やりたくない、、という方も何人かお会いしました。

それがビックカメラSuicaだと直接チャージで1.5%還元です!

単純明快というのも大きなメリットだと、とーみねは思います。

 

ビックカメラSuicaカードは取得が容易

また、ビックカメラSuicaカードについてはそれほど審査は厳しくないので取得が容易です。

取得しやすいというのは大きなメリットと言えます!

いくら還元率が高くても、取得困難なカードだと意味がないですからねぇ、、

 

ビックカメラSuicaカードのデメリット

Kyashと比較すると還元率が低い

還元率が低い。

世間一般から考えると、還元率1.5%は消して低くないです。

むしろ高い部類に入るのではないかと思っています。

ただKyashの3%還元と比べると、還元率が半分になってしまっているので結構ダメージがでかいです。

 

 

その2:(JQ)エポスゴールドカード

JQエポスゴールド エポスゴールド

 

とーみね激押しのカードです。笑

エポスカードは200円の支払いにつき1ポイントもらえる0.5%還元のカードです。

ですがエポスカードがエポスゴールドカードになるとこの還元率が一気に跳ね上がります!

 

エポスゴールドには、還元率を爆上げする2つの特典があるのです。

それがこちら!

①選んだ3つのショップでの支払いでポイント3倍(0.5%還元×3=1.5%還元)

②年間100万円の決済で10,000ポイントプレゼント

 

要するに①の対象店舗の利用だけで年間100万円決済した場合は、驚愕の2.5%還元になるということで!

※リボ払いをするとさらに0.5%還元率が上がり、3%還元となりますが今回は省略します

お得なカードであることは十分に分かってもらえたと思うので本題です。

 

(JQ)エポスゴールドカードのメリット

直接のチャージで2.5%還元

選べるポイントアップ

 

なんと、ポイントを3倍もらえるショップの候補に「モバイルSuicaが存在します」。

ということはつまり、モバイルSuicaへのチャージで受けることができる還元率は1.5%

年間100万円きっちりの決済にすると、最大で2.5%ポイント還元になります。

Kyashを使用した場合の還元率3%に迫る勢いです。

 

また、ビックカメラSuicaカードと同様、チャージ方法が単純明快というのもメリットです。

 

JQエポスゴールドの場合ANAマイル還元率が2.025%

JQエポスゴールドカードの場合、実はANAマイルを効率よくためることが可能です!

通常エポスカードでは、200円の決済につき1エポスポイントが付与されます。

 

しかし、このJQエポスというカードは時空をゆがめ、200円の決済につき1JRキューポがたまるという相当マニアックなカードです。

 

ではなぜ、陸マイラーはJRキューポをためるのか?

答えはマイルに交換することが可能だからです!

 

(JQ)エポスゴールドカードのデメリット

2.5%還元には年間100万円の決済が必要

最大の弱点だと思っています。

年間100万円決済しなければ、10,000ポイントのボーナス還元がないので、還元率が低下します。

年間で100万円もカード使わないよ、、という方はビックカメラSuicaでもいいかと思います。

 

ゴールドカードの取得が困難

年会費無料といってもゴールドです。

主婦層や学生でいきなり申し込んでも審査に通らない可能性があります。

通常はエポスカードを1年間大切に使い、ゴールドカードへの招待をもらう必要があります。

 

今すぐSuicaにチャージする手段が欲しい方にとっては、1年間エポスカードを使うなんて悠長なことは言ってられないと思います。

 

ちなみに家族にエポスゴールドカードを持っている方がいれば、是非ファミリーゴールドカードを発行してもらってください!

エポスゴールドを簡単に取得可能です!

※JQエポスゴールドの人に、エポスファミリーゴールドを発行してもらっても通常のエポスゴールドカードが発行されるのでお気を付けください

エポスカードに家族カードが登場!エポスファミリーゴールドとは?

 

 

その3:LINE Payプリペイド

LINE Payカード

 

一時期、常時2%還元で一世を風靡したのLINE Payプリペイドカードでも、モバイルSuicaへのチャージでポイントがたまります。

還元率は前月の使用実績から決定され、なんと最高2%還元です!

2%還元を受けるためには、前月のLINE Payでの支払総額を10万以上にする必要があるのが難点ですが、、

 

LINE Payプリペイドカードのメリット

直接のチャージで2.0%還元

兎にも角にも、モバイルSuicaへの直接チャージで2.0%ポイント還元は素晴らしいです。

 

ちなみに、LINE Payプリペイドカードの使用では最大2.0%ポイント還元ですが、LINE Payのコード決済なら3.5%~5.0%のポイント還元を受けることが可能です!

残念ながらコード決済でモバイルSuicaチャージはできませんが、この還元率は驚異的なので所見の方は一度チェックしておいて損はないかと思います。

LINE Payのコード決済を試してみた!無条件3.5%還元でローソン使いがはかどりそう!

 

ANAマイル還元率が1.62%

先ほどLINE PayでSuicaチャージすると2%ポイント還元といいました。

陸マイラーならさらにもう一歩考えていきます。

 

普段ブログを読んでくださってる方にとっては耳タコかもしれませんが、声を大にして何度でも言います。

LINEポイントは1ポイント=0.81ANAマイルに交換可能です!

LINEポイントのANAマイル交換ルート

 

LINE Payプリペイドカードのデメリット

2%還元を維持するには月10万の決済が必要

最大のデメリットです!

2%還元の恩恵を受けるためには、月10万円の支払いが必要です。

しかも一回じゃないですよ!

継続して毎月10万円以上LINE Payカードを使える人でなければ、いつでもSuicaチャージでで2%還元♪とはいかないでしょう。

 

エポスゴールドの年間100万決済の方がよっぽど簡単だと思います。。

毎月コンスタントに10万使わないようであれば、素直にビックカメラSuicaカードでいいのではないかと思います。

 

 

少々長くなりましたが、今回はこれくらいにしておこうと思います。

以上、Kyashに代わるSuicaチャージャーについてでした。

Follow me!